주요 기사 바로가기

【社説】中国の離於島上空への防空識別圏拡大は誤り=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.26 10:25
0
尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる中国と日本の対立の火の粉が韓国にまで降りかかっている。中国が防空識別圏(CADIZ)を拡張し韓国の防空識別圏(KADIZ)を侵しただけでなく、韓中間で管轄権をめぐる争いがある離於島(イオド)海域上空まで含めたためだ。これに対して一部ではKADIZを離於島上空に拡張すべきという主張も出ている。また、離於島海域上空がかなり以前から日本の防空識別圏(JADIZ)に含まれており、韓国がこれを事実上容認してきたという点が知られながら世論が悪化している。

中国側が新たに発表した防空識別圏が韓中両国間に排他的経済水域(EEZ)管轄権紛争がある離於島海域上空とKADIZの一部を含めたのは明らかに誤ったことだ。韓国政府はすでに中国側に遺憾の表明とともに再調整を要求した。しかし中国が韓国の要求を受け入れるかはわからない。中国が再調整するなら幸いだが、そうしないかもしれない。この場合韓国政府は中国のCADIZ運営に協力してはならないだろう。例えば韓国海軍の哨戒機は毎週2回離於島上空を飛行しているが、この際に中国にCADIZ進入を通知する必要はない。また、中国が継続して韓国の権利を侵害するならばKADIZを拡大するなど格別の措置も検討することができる。

一方、離於島海域上空がJADIZに含まれたのを是正するため、韓国政府は日本側に持続的に是正を要求してきたが日本が受け入れずにいる。それにもかかわらず、韓国政府はKADIZを離於島上空まで拡張する問題を考慮しなかった。離於島上空進入のため日本側に事前通報するのがわずらわしくても防空識別圏の概念は国際法的に領土的な意味は全くなく、韓国の海空軍が離於島周辺水域と上空で作戦を展開するのに何の支障もないという点などを考慮し、あえて韓日間で紛争化する必要はないと判断したためだ。国連軍司令官が1951年に設定したKADIZと日本が69年に設定したJADIZを韓日両国だけでなく世界のすべての国が数十年にわたり尊重してきたことを考慮した側面もある。

中国の今回の措置で日中間には緊張がさらに高まっている。こうした紛争に韓国が巻き込まれるのは望ましくない。例えばKADIZを離於島上空に拡張するのを急ぐ必要まではないだろう。万が一にも離於島上空で韓日中3カ国の戦闘機が敵対的に遭遇するケースが起きる可能性があり、これにより突然に緊張が高まる危険性があるためだ。領土的意味が全くない防空識別圏問題のためにこうした対立が広がるのは望ましくない。

しかし同時に韓国の海洋と領空に関する権利が少しでも萎縮してはならない。韓国政府はこうした立場から、慎重でありながらも積極的に権利を主張する必要がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP