주요 기사 바로가기

人を襲った「プーチン寄贈のトラ」の運命は…ソウル大公園

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.26 09:44
0
ソウル大公園が、24日に発生した虎の飼育員襲撃事故に関して、フェンスを高くするなどの安全措置を強化するという対策を25日に打ち出した。ソウル大公園のアン・ヨンノ園長はソウル市庁で記者会見を行い、「事故が発生した飼育舎の管理者出入り口と周辺フェンスを5メートルに高めて追加事故を防止する」と話した。引き続き「猛獣類の放し飼い場にCCTVを設置して出入り口の開閉を知らせる装置を設置し、飼育員の安全を確保する」と付け加えた。現在出入り口は1.4メートルに過ぎず、虎が観覧客の移動路に乗り越えることもできた状況だった。

ソウル大公園は今月末までに施設安全点検団を構成して、出入り口の作動の有無や捕獲装備作動などについての安全点検を行う予定だ。

大公園は安全措置が不足していた事実を認めた。アン園長は「2人1組で取り組むとの内部規則があったが、今回の事故では守られなかった」として「猛獣を管理するマニュアルが特になく、専任の飼育係にノウハウを伝えていたようだ」と話した。

飼育係を襲ったシベリアトラのロストフ(3)の事後処理については論議が起きている。ソウル大公園は記者会見で「国内外の事例を通じて検討後に決定する」として返答を避けた。人を傷つけた動物に対する大公園の内部規定はない。これについてソウル市の関係者は「虎の事後処理について大公園も苦心している」と話した。理由はロストフの象徴性のためだ。2010年に国賓訪問した李明博(イ・ミョンバク)元大統領にロシアのプーチン大統領がシベリアトラの寄贈を約束した。その約束によってロストフは2011年に韓国にきた。シベリアトラが絶滅危ぐ種だという事実もソウル市を深く悩ませている。だがネパールでは人を殺した虎は捕まえて射殺している。韓国野生動物保護協会のオ・ハジン課長は「人を殺した動物の処理は海外もケースごとに違い、一括して話すのは難しい」として「人を殺した犬を射殺する事例もあり、米国など一部の動物園では一般に公開しない代わりに野生性をなくす薬物治療を行ったりもする」と話した。

一方、虎に襲われた飼育係(52)は、事故発生直後に翰林(ハンリム)大学病院に運ばれて24日夜に亜洲(アジュ)大学病院に移された。現在、出血多量などで意識不明の状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    人を襲った「プーチン寄贈のトラ」の運命は…ソウル大公園

    2013.11.26 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    シベリアトラのロストフ(3)。
    TOP