주요 기사 바로가기

中国が防空識別圏に尖閣含める…日米が反発(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.25 08:52
0
中国が23日、日本と領有権紛争をしている尖閣諸島(中国名・釣魚島)を含む東中国海上空に「防空識別圏」を設定した。尖閣諸島に対する領有権強化のための段階的措置だ。日本が強く反発しており、東中国海の軍事的緊張が高まる見通しだ。特に今回の防空識別圏は韓国の防空識別圏とも重なっており議論が予想される。

中国国防部がこの日ホームページを通じて発表した識別圏には尖閣はもちろん韓国・日本・台湾などで囲まれた東中国海上空の大部分が含まれた。中国はまた、適当な時期に防空識別圏を他の地域にも設定すると明らかにし韓半島と隣接した西海(ソヘ、黄海)だけでなく南中国海地域でも自国の領空主権を強化するという方針を明確にした。

防空識別圏は「領空」とは異なる概念で、国家安保の目的上、軍用航空機の識別のために特定の国が設定した任意の領空ラインだ。国際法的に領空管轄権は認められないが、区域を飛行する航空機に対し武力対応の根拠にすることができ、北東アジアの軍事的緊張がそれだけ高まる恐れがある。

中国国防部は23日午前10時から防空識別圏を正式に施行すると明らかにした。この規定によると防空識別圏を通過する航空機は事前に中国外交部や中国民間航空局に飛行計画を通知しなければならない。また、区域内を飛行する航空機は必ず東中国海防空識別圏管理機関である中国国防部と双方向通信ができるよう準備しなければならず、国際基準にのっとった国籍表示もしなければならない。応じない場合には武力を動員して「防衛的緊急措置」を取るというのが中国国防部の発表だ。

中国国防部の楊宇軍報道官はこの日、「中国の領土と領空主権のため航空秩序を維持しようとするものであり、特定国を狙ったり特定目的を持ったものではない」と主張した。しかし防空識別圏が尖閣諸島だけではなく沖縄の西側地域まで含んでおり、日本を狙った軍事的圧迫措置であることは明らかに見える。
中国が防空識別圏に尖閣含める…日米が反発(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP