주요 기사 바로가기

【社説】度を超えたある神父の「延坪島砲撃発言」=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.11.24 13:22
0
北朝鮮の延坪島(ヨンピョンド)砲撃3周年を1日前にした22日、天主教正義具現司祭団全州(チョンジュ)教区所属のパク・チャンシン神父が時局ミサでしたという発言は衝撃的だ。「NLLで韓米が軍事訓練をすれば北朝鮮としては撃つほかない」というのが発言要旨だ。北朝鮮の延坪島砲撃事件を説明しながらだ。彼はまた、「日本が独島(ドクト、日本名・竹島)で訓練すれば韓国の大統領は砲撃すべきで、撃たなければ問題がある」とも話した。一言で北朝鮮の延坪島砲撃は正当だという主張だ。韓国の国民となった人として目と耳を疑った。群山(クンサン)でなく平壌にある長忠(チャンチュン)聖堂からでも出てくる話が全州教区所属の神父の口から堂々と出てきた。

これまで正義具現司祭団は国民の常識とかけ離れた言動を何回もしてきた。大韓航空機爆破犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)が偽物だとし、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の調査の結果そうした主張は虚偽と明らかになった後も謝罪もしなかった。哨戒艦沈没も北朝鮮の仕業ではないと強弁した。そうした中で出てきた今回の発言こそとんでもない水準という批判を受けるほかない。過去の軍事独裁政権時代に正義具現司祭団が民主化にそれなりに寄与したのは事実だ。司祭団の勇気ある行動が国民の憤怒ともどかしさを和らげ共感と支持を得たので可能だったことだ。

しかしパク・チャンシン神父の発言は国民のほとんどからまったく共感を得られない主張だ。どうしてNLLが北朝鮮の独島になることができ、民間人居住地域に無差別砲撃を加え軍将兵と民間人4人の命を奪い取った北朝鮮の延坪島挑発をかばえるというのか。NLLと関連しては昨年の大統領選挙後にセヌリ党だけでなく民主党と安哲秀(アン・チョルス)議員、正義党まで韓国の領海という事実を確固と述べた。それが韓国の国民の常識だ。このような常識を正面から否定し北朝鮮の肩を持つ詭弁を広げた理由が実に気になる。

宗教家も国民の1人として政府が失政を犯していると判断すれば当然批判の声を出すことができる。また、同じ民族である北朝鮮の住民を包容し、助けようと主張することもできる。しかし時代錯誤的な北朝鮮政権の暴政と挑発行為までむやみに擁護する形態は宗教家の本分から大きく外れるものだ。

天主教公式機関である主教会の関係者はパク神父の発言に対し、「天主教の公式の立場とはいえない」と明らかにした。また、きのうミサが開かれた聖堂の入口では10人余りがろうそくデモを行ったが人は集まらなかったという。パク・チャンシン神父の発言が教団と国民の共感を得ることはできないという傍証だ。まだ多くの国民は80年代に正義具現司祭団が正義を実現するために努めた姿を記憶する。どうか司祭団が初心を取り戻し民主化時代に合致する真の正義を主張するよう願う。(中央SUNDAY第350号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP