주요 기사 바로가기

欧州・日本ブランド、一斉に小型車公開…東京モーターショー(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.22 15:20
0
自動車業界の世界的なトレンド「小型車」ブームは東京モーターショーでも続いた。20、21日の2日間、東京お台場の東京ビッグサイトで開かれた第43回東京モーターショー報道陣事前公開行事では、日本と海外有数のブランドが先を競って小型車を紹介した。実用性と経済性を強調する流れが続いているのだ。

まず注目を引いた車は世界すべての小型車の模範であると同時にライバルである「ミニクーパー」の3世代新型モデルだった。以前のモデルに比べ、長さが98ミリ、幅が44ミリ、軸間距離が28ミリ長くなった。エンジンは136馬力の1.5ターボガソリンエンジンと192馬力のミニクーパーS用2.0ターボガソリンエンジン、ミニクーパーD用116馬力1.5ディーゼルエンジンの3種類。運転席と助手席の間に車両の状態に関するすべての情報が出てくる円形ディスプレーが搭載され、この画面を調整するBMWスタイルのコントローラーも変速機の後ろに新たに設置された。

フォルクスワーゲンのディーゼルハイブリッドコンセプトカー「ツインアップ」は、2気筒800ccディーゼルエンジン、7段デュアルクラッチ、電気モーター、リチウムイオンバッテリーなどが組み合わせられた。世界最高燃費車として記録された同社のコンセプトカーXL1をベースに開発され、この車両も1.1リットルの燃料で100キロを走行できる。
欧州・日本ブランド、一斉に小型車公開…東京モーターショー(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    欧州・日本ブランド、一斉に小型車公開…東京モーターショー(1)

    2013.11.22 15:20
    뉴스 메뉴 보기
    21日、東京モーターショーの主人公は小型車。BMWミニはミニクーパー第3世代新型(左)を出した。ダイハツの燃料電池小型トラックFC凸デッキ(右)も注目を集めた。
    TOP