주요 기사 바로가기

東京モーターショーに行ってみると…「時間移動をしたような楽しさ」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.21 15:43
0
不思議の国のアリスになったようだった。ペンギンのような小さな機械が人を乗せて走る。過去のアニメ『マッハGoGoGo』で見たような三角形の電気自動車、自動車でもなくバイクでもない逆三輪車の変わった“乗り物”が次々と姿を現した。さらには人間と感情が通じるという自動車までが登場した。未来のある場所がタイムマシンに乗ってまるごと時間移動をしたような感じだ。東京モーターショーの第一印象だった。

第43回東京モーターショーが20日、東京お台場の東京ビッグサイトで報道陣向けに公開され、幕を開いた。世界4大または5大モーターショー、アジア最高・最大のモーターショーとして君臨してきた東京モーターショーは、2000年代の自国企業の不振と中国市場の急浮上のため、北京や上海など中国モーターショーにその地位を脅かされる状況となった。

今回のモーターショーに参加した自動車企業も日本企業15社と海外企業20社の計35社にとどまった。世界で初めて公開される車も、バイクなどを除けば43モデルと、他の有数のモーターショーに比べて少ない。その中でも35モデルが日本車だ。

しかし今回のモーターショーで日本企業が見せる華麗な未来自動車技術はむしろ、規模ばかり強調する他の大型モーターショーをあざ笑うかのようだ。自動車に関しては技術日本の地位が健在だという点を誇示するかのように、主要企業のコンセプトカーは他のどのモーターショーにも見られない独特なものだった。今回のモーターショーのテーマも「世界にまだない未来を競え」(Compete! And shape a new future)だ。

空想科学映画から飛び出してきたような日産のコンセプトカー「ブレイドグライダー」は記者たちの視線を引きつけた。前面を頂点とする三角形のこの3人乗り電気自動車は内部空間も三角形だ。1列目のまん中が運転席、2列目に2つの座席が配置されている。車輪に電気モーターが組み込まれ、別途の駆動力を提供する一種の四輪駆動電気自動車だ。ドアは上に開かれる、いわゆるガルウィング型。世界で最もよく売れた電気自動車「リーフ」を製作した日産が、世界にもう一度技術力を誇る車だ。
東京モーターショー즂行ってみると…「時間移動をしたような楽しさ」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP