주요 기사 바로가기

韓国人の2人に1人がSNSを利用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.21 10:09
0
世界のソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)の利用者が16億人を超えたことが調査された。

米国の市場調査機関「イーマーケッター(eMarketer)」は19日(現地時間)、今年に入って一月に1回以上SNSにアクセスした利用者が16億1000万人に達すると明らかにした。世界人口5人のうち1人(22.6%)がSNSを利用していることになる。昨年における同機関の調査結果(14.2%)より8.4%ポイント高くなった。同機関は「2017年にはSNS利用者が23億3000万人まで増加するだろう」と予想している。

今回の調査で韓国は全体人口の54.4%がSNSを使っていることが明らかになった。全体人口の中ではSNS利用者比率が世界で4番目に高かった。オランダは全国民の63.5%が月1回以上SNSにアクセスしてSNS人口比率が最も高く、ノルウェー(63.3%)・スウェーデン(56.4%)がこの後に続いた。

 
利用者の増加傾向が最も急な国はインドであることが調査された。インドは全体人口の7.7%がSNSを利用しているが、これは昨年より37.4%増加したものだ。このうち相当数がフェイスブック利用者だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP