주요 기사 바로가기

円が対ウォンで5年2カ月来の安値水準、円安の空襲最終局面で市場は沈黙=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.18 08:53
0
ウォン円為替相場が5年来の円安を記録した。15日のソウル外国為替市場で円相場は100円=1061.8ウォンを記録した。2008年9月に記録した1060ウォン以来の円安水準だ。それでも市場は沈黙している。昨年末や今年上半期のように輸出への影響が円安空襲を懸念する声はほとんど聞かれない。

市場ではその理由を「衝撃体感の法則」で説明する。ウォン高円安が長く続いたため韓国経済と企業が適応し耐性を育てたという話だ。LG経済研究所のイ・ジソン専任研究員は、「円が10%下落した時、1992~2002年の間に輸出は3.3%減少したが、2003~2013年の間では1.4%の減少にとどまった。ウォン円相場が輸出に及ぼす影響がますます小さくなっている」と話した。

世界市場で韓国企業と日本企業は依然として同じ製品を売っているが、韓国製品が価格に影響されないほど競争力を確保したという話だ。その上韓国企業が核心部品を除いた製品の大部分を海外で生産し為替相場が製品価格に及ぼす影響も減った。

韓国証券市場での外国人投資家の売買パターンもこれを傍証する。5月に円ドル相場が1ドル=100円を割り込み、100円=1100ウォン台だったウォン円相場が1000ウォン台まで円安が進むと外国人は韓国株を大量に売った。KOSPIは一気に1940台まで落ちた。当時ウォールストリートジャーナルは、「円安の最大の被害国は韓国」と報じた。しかし15日には外国人がむしろ605億ウォン相当の株式を買い入れ、KOSPIは2000台を回復した。新栄(シンヨン)証券アナリストのイム・イルソン氏は、「伝統的に韓国の輸出に大きな影響を及ぼしてきた円急落が韓国経済に及ぼす影響を懸念した外国人が最近はそれほど心配することではないことを確認したとみられる」と解説した。


円が対ウォンで5年2カ月来の安値水準、円安の空襲最終局面で市場は沈黙=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP