주요 기사 바로가기

<野球>秋信守、1億ドル長期契約に照準

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.14 10:31
0
海外でFA契約を控えている選手たちもあわただしく動いている。米国メジャーリーグで活躍中の秋信守(チュ・シンス、31、シンシナティ)と韓国内から海外リーグに挑戦する尹錫ミン(ユン・ソクミン、27、起亜)、呉昇桓(オ・スンファン、31、サムスン)らだ。

秋信守はメジャーリーグで脚光を浴びているFAだ。今年のシーズン打率0.285・21ホームラン・54打点を記録し、出塁率0.423でナショナルリーグ4位に上がった。米国メディアが挙げるFA順位で常に3位以内に入っている。ヤフースポーツが6日発表したFA外野手ランキングで1位にもなった。

シンシナティは最近1年の短期契約であるクオリファイング・オファー(150億ウォン、約14億円)を提示したが、秋信守は拒否した。FA市場に出てくるという意志だ。彼のエージェントであるスコット・ボラス氏(61)はジェイソン・ワース(34)が3年前にワシントンに移籍する時に受け取った1億2600万ドル(約1350億ウォン)を契約基準にしている。総額1億ドル以上を受け取ったビッグリーガーは歴代46人に過ぎない。

尹錫ミンは先月14日に米国に渡り1カ月LAに留まっている。韓国内の球団や日本チームと交渉する意向がなく、メジャーリーグの契約だけを待っている。尹錫ミンは1年前に柳賢振(リュ・ヒョンジン、26、LAドジャース)とは違い移籍料の発生なしに海外の球団と契約できる身分だ。年俸欲を大きく出さなければビッグリーグに入る可能性が高い。米国メディアはミネソタを尹錫ミンの有力候補地として挙げている。ミネソタは9月10、11日に群山(クンサン)で開かれた起亜-SK戦にスカウティングディレクター出身のマイク・レドクリフ副社長を派遣して尹錫ミンを観察した。このほかにデトロイト・ボルティモア球団も韓国にスカウトを派遣したがミネソタの意志が最も大きい。

所属チームのサムスンから海外進出の許諾を受けた呉昇桓は日本行きを打診している。阪神が積極的だ。阪神は来週交渉チームを韓国に派遣して呉昇桓と会う予定だ。日本メディアは阪神の提示額について、2011年末に李大浩(イ・デホ、31)がオリックスと契約した2年総額7億円を超えると見ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>秋信守、1億ドル長期契約に照準

    2013.11.14 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    (上から)秋信守(チュ・シンス)、尹錫ミン(ユン・ソクミン)、呉昇桓(オ・スンファン)。
    TOP