주요 기사 바로가기

【社説】「南北どちらが勝つか」という愚問に「不利だ」という愚答=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.09 13:19
0
韓国国防部情報本部に対する国会情報委員会の国政監査(5日)で出てきた質疑応答に対し、レベルが低いという批判が出ている。非公開で行われたこの日の会議で、民主党の金敏基(キム・ミンギ)議員が「南北が戦えばどちらが勝つか」と質問し、チョ・ボグン情報本部長は「韓国独自の軍事力では我々が不利だ」と答えたという。これを民主党情報委幹事の鄭清来(チョン・チョンレ)議員が、「南北が1対1で戦えば我々が負ける」とチョ本部長が答えたと、刺激的な表現で公開した。

すると世論が沸き立った。「北の30-40倍の予算を使いながら負けるというのは話にならない」「戦力が不足していると答える将軍を国民が信じなければいけないのか」など、軍に対する非難があふれた。結局、金寛鎮(キム・グァンジン)国防長官が出てきて、「戦争が起きれば北は滅亡する」と話す状況にいたった。この過程を眺める国民はもどかしい限りだ。

子どものような「戦えば誰が勝つか」式の質問は、国会議員の資質を疑わせる。それでもこうした質問がたびたび出てくる。狙いがあるからだ。北朝鮮に比べて数十倍の予算を使う韓国軍が韓米同盟に依存する姿勢を批判しようということだ。にもかかわらずチョ本部長がこれに巻き込まれ、鄭清来議員が「うまく引っかかった」という形で誇張し、暴露した格好だ。

北朝鮮は戦力の80%を最前方に配備しているだけでなく、非常に好戦的だ。韓国戦争(1950-53)はもちろん、それ以降も挑発を繰り返してきた。核兵器と多量の生物化学兵器など非対称武器も保有している。その北朝鮮が攻撃する場合、韓国の被害は莫大なものになるしかない。国防予算を数倍に増やしても同じだ。このため韓米同盟が重要なのだ。「戦争は敗亡」であることを北朝鮮に信じさせてこそ戦争を防ぐことができる。

大韓民国の生存を守ることまで随時政争ネタになるのはみっともない。愚問に愚答が出てくれば笑って済ませればよいのを、国防長官が出てきて真剣に収拾しなければならないのも苦い思いをさせる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP