주요 기사 바로가기

【社説】南大門・石窟庵復元・復旧、1000年先を見るべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.09 11:11
0
復元からまだ半年しか経っていない崇礼門(スンレムン)が拙速・欠陥工事という批判を受けているのは情けない。中途半端な伝統技術適用で色が剥がれ落ちて始まった批判は、今は亀裂が入った木材などほとんど全体に広がっている。石材・木材・瓦・金物・顔料など安い資材を使用し、作業者には政府労賃単価より低い賃金を支払って工事を進めたというのだから、満足できる復元を期待することはできない。中央日報の取材の結果、1995年12月に世界文化遺産に登録された慶州石窟庵(国宝第24号)も20カ所ほど亀裂が生じているという。

今回の事件で傷ついた国民の文化的自負心を治癒するには相当な努力が必要となるだろう。政府は崇礼門の復元で表れた問題点はもちろん、石窟庵をはじめとする全国主要文化財の管理状況を徹底的に把握し、長期的かつ根本的な改善策を出す必要がある。これは文化的自尊心を回復し、我々の文化財を子孫にきちんと譲り渡すために絶対に欠かせない。

このため、まず多様な分野の民間専門家をできる限り発掘し、専門家が持つアイデアとノウハウ、そして伝承技術を積極的に活用する必要がある。これとともに文化財関連技術資料を集めて整理し、いつでも取り出して活用できるようデータベース(DB)化作業も求められる。政府は現在、崇礼門と関連した伝統技術をDB化するというが、こうした問題が発生した部分に措置を取るだけでは限界がある。この機会に伝統文化・技術全般に対する調査・研究と資料のDB化を進行する必要がある。そうしてこそ「崇礼門の失敗」を教訓として、今後より良い文化財管理体系を構築できるだろう。さらに伝統職人が生涯、研究と実験をしながら技術を一段階高めることができる「職人教育・研究プログラム」の開設も考慮するのがよい。境地に達した職人であるほど、勉強と実験がさらに必要だからだ。こうしたプログラムを伝統技術練磨・継承に活用している日本の金沢などをベンチマーキングする必要もある。

さらに伝統技術だけにこだわらず、21世紀の科学技術とノウハウを積極的に活用することも考慮する時期だ。文化財復元現場がきちんと伝承されていない資料の中で、伝統技術を適用してみる「文化実験室」にすることはできないからだ。このため多様な専門家・技術者の集団知性を活用し、伝統と現代技術の調和のためのガイドラインやマニュアルを作成することを考えなければならないだろう。

崇礼門欠陥工事や石窟庵亀裂事態が与える教訓は、文化財の復元・復旧は決して急いではならないということだ。数十年でも十分に時間をかけ、アイデアと技術が熟し、質が良い材料を確保した後に作業をしてこそ、きちんと復元・復旧でいる。今後1000年以上先まで続いていかなければならない我々の文化財を扱う仕事ではないか。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP