주요 기사 바로가기

韓国慶州“うつ伏せの磨崖石仏”…「緻密な検討なく発掘」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.09 10:22
0
慶尚北道慶州市南山列岩谷の「うつ伏せの磨崖石仏」。新羅時代に倒れた後、約1300年間ただの岩と見なされてきたが、2007年5月、岩に仏像が彫られていることが確認された。ソウル市立大のイ・スゴン教授によると、十分な構造力学の検討なく掘り始めたことで、石仏の重心が傾いて頭を支えていた岩に亀裂が入り、受け台(黒色)で支えなければならない状況になったという。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国慶州“うつ伏せの磨崖石仏”…「緻密な検討なく発掘」

    2013.11.09 10:22
    뉴스 메뉴 보기
    慶州市列岩谷の「うつ伏せの磨崖石仏」
    TOP