주요 기사 바로가기

ソウルの家賃、ローマより高くニューヨークの半分

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.08 13:40
0
今年前半期基準のソウルの家賃(1カ月)は1平方メートルあたり27.78ドルで、イタリアのローマ(26.76ドル、以下略)やデンマークのコペンハーゲン(22.95)よりは高いが、シンガポール(35.63)やスイスのジュネーブ(41.71)よりも安いことが分かった。韓国の国土研究院が6日に出した「不動産市場調査分析」秋号で、国際不動産相場サイトのグローバルプロパティガイド(www.globalpropertyguide.com)を引用してこのように明らかにした。調査によれば世界の主要18都市の中で家賃が最も高い所は米国ニューヨークで1平方メートルあたり54.61ドルとソウルの2倍に達した。次に日本の東京(52.84)-ロシアのモスクワ(52.36)-香港(51.65)-英国ロンドン(48.85)-フランスのパリ(45.89)-ジュネーブ-シンガポールの順だった。

主要18都市の中で家賃が最も安いのは、ギリシャのアテネで1平方メートルあたり11.45ドル。次にハンガリーのブダペスト(12.02)-スペインのマドリード(16.03)-ドイツベルリン(16.46)-オランダのアムステルダム(20.03)-デンマークのコペンハーゲン-インドのムンバイ(23.14)-カナダのトロント(25.39)-イタリアのローマの順で安かった。ソウルの家賃は、グローバルプロパティガイドがソウルの方背(パンベ)・漢南(ハンナム)・二村(イチョン)・梨泰院(イテウォン)・平昌(ピョンチャン)・城北(ソンブク)・延禧洞(ヨニドン)や、UNヴィレッジ・江南(カンナム)圏など外国人の主な居住地を中心に調査したものだ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP