주요 기사 바로가기

英国人の舌をとりこにしている「食の韓流」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.08 09:55
0
英国の代表的な韓国人の密集地域であるニューモルデン(New Malden)に位置する大型マートのテスコ・エキストラ(Tesco Extra)。5日午後(現地時間)、入口から一番近い陳列台に、見慣れた韓国加工食品が並べられた。その前では韓国食品の試食イベントが行われているところだった。朴槿恵(パク・クネ)大統領の英国訪問に合わせて開始された「ワンダフル-韓国の味」という名前の韓国食品展示・販売行事だ。

陳列台はラーメンや菓子類をはじめ、キムチ・焼酎・マッコリまで、韓国のスーパーマーケットをそのまま持ってきたかのようだった。種類は合計150種類。韓国人が運営する店ではない英国のマートとしては、これまでで最大規模だ。

ニューモルデンは、近隣地域まで含めて韓国人・駐在員・留学生など約2万5000人の韓国人が住んでいる所で、「ニュモルドン(洞)」というニックネームが付けられている。KOTRA(大韓貿易投資振興公社)やホームプラス・CJ第一製糖は、2011年にこのテスコマートで初めて韓国食品展を開いた。英国人にも韓国の食品を知ってもらおうという趣旨だった。昨年には、ロンドン市内の12店のテスコ店舗で同時に行事を開いていて、今年は49店舗に増えた。空輸された韓国の食品だけで100トンに達した。これからは英国で少なくとも49店舗のテスコの売り場では基本的な韓国加工食品が買えるという話だ。

テスコはこれと共に、オンライン食品モールの「テスコドットコム」でも韓国食品を販売し始めた。ロンドン市内ではすでにインターネットで注文して韓国食品を購入することができるようになったのだ。食品展の開幕式に出席したホームプラスの都成煥(ド・ソンファン)社長は「欧州に食の韓流が根を下ろしつつある」と述べた。国際食品のソン・チョンホ常務は「衛生基準が高いテスコに韓国食品が大量に納入されることは、他の欧州スーパーへの進出における橋頭堡の役割」と説明した。

ホームプラスによると、同日49店舗で最も多く売れた品目は餃子だった。最近、英国ではCJ第一製糖がビビゴ(Bibigo)というブランドから売り出している餃子が人気だ。CJ第一製糖側は、中国の食べ物に慣れ親しんでいる英国人は中国式の餃子をよく買って食べていたが、最近になって皮が薄い韓国式の餃子を好むようになってきたと説明した。

同日、ニューモルデンに位置するテスコの韓国食品を見ていた英国人主婦のセリー・ヒシマさん(42)は、「よく韓国食堂で韓国料理を食べているが、辛いと言いながらもつい手が伸びてしまう不思議な味がある。ご飯(インスタントご飯)と辛いソース(コチュジャン)を買って帰ろうと思う」と話した。プルコギを試食していた英国人の男性はそのそばでずっと親指を立てていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    英国人の舌をとりこにしている「食の韓流」

    2013.11.08 09:55
    뉴스 메뉴 보기
    テスコ(Tesco)は17日までの2週間、英国ロンドンに位置するニューモルデン(New Malden)で、ホームプラス(Home plus)とKOTRAと共に「大・中小企業の同伴成長のための韓国食品展」を開催する。18社の食品製造会社が参加し、商品は約150種類が展示される。5日(現地時間)、都成煥(ド・ソンファン)ホームプラス社長、呉永鎬(オ・ヨンホ)KOTRA社長が現地人たちと�国産の食品を試食している。(写真=ホームプラス)
    TOP