주요 기사 바로가기

<野球>海外に進出する呉昇桓、日本が答えだ!

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.11.07 15:36
0
“守護神”呉昇桓(オ・スンファン、31、サムスン)は来年どこで野球をするのだろうか。メジャーリーグ(ML)か、それとも日本プロ野球か、ファンの関心が集まっている。ファンは呉昇桓がメジャーで抑え投手になる姿を期待している。しかし現実的に呉昇桓の行き先は日本になる可能性が高い。呉昇桓が希望する条件、年俸、環境などで日本が優位にある。

▼手続き

メジャーに進出するにはポスティングシステムを踏む必要がある。メジャー球団のうち最も高い入札額(移籍料)を書いた球団が単独交渉権を持ち、呉昇桓と年俸交渉をする。メジャー球団はポスティングシステムの前に呉昇桓と具体的な交渉をすることができない。

日本に目を向ければ、呉昇桓はエージェントを通じて、特定球団とすぐに年俸など契約条件について交渉できる。呉昇桓に関心を見せた阪神、読売、ソフトバンクなどに会い、どの程度の条件かを比較することもできる。サムスンに支払う移籍料も調整できる。

▼年俸

メジャー球団が呉昇桓を獲得するには、ポスティングシステムを通じてサムスンに移籍料を支払わなければならない。呉昇桓に投資する金額が「移籍料+年俸」に分けられ、それだけ年俸が減る。昨年シカゴ・カブスが藤川球児と2年・950万ドルで契約したが、藤川は移籍料が必要ない完全FAだった。

メジャーの救援投手は年俸が高くない。成績を出してFA資格を取得しても300万-500万ドルだ。今年、セルジオ・ロモ(SF)は350万ドル、フェルナンド・ロドニー(タンパベイ)は250万ドルを受けた。ジョー・ネイサン(テキサス、800万ドル)、ラファエル・ソリアーノ(ワシントン、1100万ドル)など7、8年目の抑え投手は800万-1000万ドルを受ける。

呉昇桓に関心を見せている日本球団は資金力がある。2年前の李大浩の契約(2年・7億円)をガイドラインに、抑え投手を必要とする阪神はそれより高くベッティングする可能性もある。日本は年俸のほか、成績によって受勲選手賞金など各種特別手当がつく。税金の面でも米国より日本が有利だ。

▼環境

海外に適応するのも米国よりは日本が有利だ。呉昇桓は数年間、日本でスプリングキャンプを経験し、日本に慣れている。柳賢振(リュ・ヒョンジン、LAドジャース)を見て分かるように、米国では東・西部の時差に苦労することが多い。ローテーションによって固定的な休息が保障される先発より、毎試合待機しなければならないブルペン投手には時差と体力の負担が大きい。

▼役割

呉昇桓のエージェントは「抑え投手として正当な待遇を受けられるかどうかを選択するだろう」と優先基準を明らかにした。日本の阪神は早くから呉昇桓を抑え投手候補として目をつけ、大きな関心を見せてきた。メジャーに行く場合、抑え投手、セットアップマンは保証されない。スプリングキャンプで実力を競うことになる。

▼球威

150キロの“石直球”は間違いなく魅力的だ。米国や日本で成功するにはこれを生かすための変化球が必要となる。呉昇桓の第2の球種はスライダー。143-144キロのスピードが出るが、球の切れは飛び抜けて鋭いわけではない。上原浩治(ボストン)が失敗を経験して成功したのは、直球の軌跡から落ちるスプリットを完ぺきに駆使したからだ。

宣銅烈(ソン・ドンヨル)起亜タイガース監督は「150キロの速球投手が多い米国より、日本の方が成功する可能性が高い。30セーブは十分にできるだろう」と述べた。呉昇桓は韓国シリーズの後、「いかなる決定をしても、ファンの方々が応援してくださると思う」と語った。「かっこよくメジャーに挑戦する」と話す考えはないのかと尋ねると、呉昇桓は「かっこよく見えない」と語った。下手に話さないという意味であるかもしれないが、現実的な選択をするというニアンスだった。呉昇桓の周りでは「日本に行くのでは」という予想が多い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>海外に進出する呉昇桓、日本が答えだ!

    2013.11.07 15:36
    뉴스 메뉴 보기
    呉昇桓(オ・スンファン、31、サムスン)
    TOP