주요 기사 바로가기

韓英が原子力発電所・金融協力…貿易・投資規模7年以内で2倍に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.07 08:55
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領と英国のデービッド・キャメロン首相は6日(英国時間)、首脳会談を行って原子力エネルギー研究分野でのパートナーシップの拡大、金融産業の協力強化などの経済協力方案に合意した。両国は18分野で了解覚書(MOU)を締結した。両首脳はロンドンのダウニング街10番地にある首相官邸で会談を持ち、こうした内容を盛り込んだ韓英共同声明を採択した。

両首脳は韓国・英国・第3国での商業的原発事業の進出に、両国企業らが参加する機会を持てるよう相互協力することにして、原子力発電所の研究協力に関する会議を2014年に開催することで合意した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「英国は原子力発電所の老朽化で、現在運営中の16基中15基を2023年までに廃棄して2025年までに10基の原子力発電所を建設する計画」としながら「中長期的レベルで英国の原子力発電所市場に進出できる基盤を整えた」と説明した。

両首脳はまた両国の貿易規模を現在の112億ドルから2020年までに200億ドルに、投資規模を現在の228億ドルから450億ドルに拡大することでも意見を集約した。このために両国はグローバルCEO(最高経営責任者)フォーラムと政府間経済通商共同委員会も定例化することにした。

両首脳は金融産業協力のために両国金融市場間のアクセシビリティと連係性を増進させ、両国企業らが両国および第3国での営業活動に必要なプロジェクトファイナンシング(PF)を円滑化することでも合意した。また▼包括的創造パートナーシップの確認▼北朝鮮の非核化、韓半島信頼プロセス、北東アジア平和協力構想への支持などの内容も共同声明に盛り込んだ。

◆王子が生まれたベルジアンスイートに宿泊=朴大統領はこの日、文化隆盛の歩みの一環としてロンドンのシネワールドヘイマーケット劇場で開かれた「ロンドン韓国映画祭特別試写会」に参加して開幕作品であるホ・ジョン監督の『かくれんぼ』を鑑賞した。朴大統領は試写会に先立ち、ホ監督をはじめ俳優ソン・ヒョンジュ、女優チョン・ミソンと歓談した。朴大統領は前日、エリザベス女王2世の案内でバッキンガム宮殿内のベルジアンスイート(Belgian Suite)に泊まった。女王は「次男と三男のアンドルー王子とエドワード王子が生まれた部屋」と紹介したという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP