주요 기사 바로가기

<野球>ソフトバンクが「大型補強」宣言、李大浩に恩恵?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.10.31 10:43
0
日本プロ野球のソフトバンクが来季を控え、超大型補強を宣言した。ソフトバンクはフリーエージェント(FA)を控えた李大浩(イ・デホ、31、オリックス)の獲得説が出ているチームの一つだ。

後藤芳光新社長兼オーナー代行(50)は29日の就任会見で、「基本的に必要な要望にはすべて応えていきたい。リスクを負わなければ良い成績は出せない。来季は日本一になる」と述べた。

ソフトバンクは今季73勝69敗2分けで4位に終わり、ポストシーズン進出を逃した。外国人選手を含めて13人を放出するなどチーム改編作業に入ったソフトバンクは、大物選手を迎え入れ、来年の優勝に向けて進む計画だ。“弾丸”もある。西日本新聞によると、球団の親企業ソフトバンクグループの4-6月の営業実績は前年比で21.4%増加した。営業利益も92%増となった。

4番打者の不在で不振を経験したソフトバンクは、李大浩の獲得を積極的に検討している。李大浩は2年・7億円を提示したオリックス側と交渉中だが、年俸で約1億円ほどの差があり、契約できなかった。李大浩側は2年・8億円を考えていると明らかにしたことがある。

李大浩は今季、オリックスの4番・一塁手でフル出場した。パリーグで打率9位(0.303)、本塁打6位(24本)、安打8位(158本)、打点6位タイ(91打点)、長打率7位(0.493)、出塁率8位(0.384)となり、リーグでも屈指の活躍をした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>ソフトバンクが「大型補強」宣言、李大浩に恩恵?

    2013.10.31 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、31、オリックス)。
    TOP