주요 기사 바로가기

韓国ベーシックハウスジーンズ、膀胱がん誘発物質を検出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.29 13:49
0
韓国消費者連盟は28日、「ベーシックハウスジーンズ(HNDP2121・5万9900ウォン、約5510円)から膀胱がんを誘発する物質アリールアミンが許容値の約3倍検出された」と発表した。連盟は「FITI試験研究院に依頼して12ブランドの男性用ジーンズを検査した結果、該当製品で1キロあたり88.8ミリグラムのアリルアミンが検出された」と説明した。アリールアミンの技術標準院告示基準値は1キロあたり30ミリグラム以下だ。ベーシックハウスはこれに対して「該当製品は昨年11月に韓国衣類試験研究院から『無検出』の判定を受けた製品」と反論した。だがベーシックハウスは「消費者の不安を防ぐために複数の試験機関を通じて再試験結果が出るまで製品を販売中止して回収措置をとる」との立場を明らかにした。

連盟はまたユニクロ、カルバンクライン、ゲス、ディーゼル、トミーヒルフィガー、エヴィス、バッカルー、ベーシックハウス、TBJなど9ブランドジーンズの場合、染色品質が落ちると指摘した。雨や汗にぬれた時にほかの服やカバン・靴などにジーンズの色がうつる可能性が高いということだ。20万~30万ウォン台の高価製品も同じだった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP