주요 기사 바로가기

韓日中の書道交流展で「凍りついた外交」溶かそう

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.28 09:45
0
「凍りついた韓日中の外交関係を、積極的な3国書道交流展で溶かすことができる」(周文彰・中国書道家協会理事兼国家行政学院商務部院長)。「韓日中が書道を通じて互いの文化を理解し共感を広げれば、対立点は和らぐ」(ムン・ゴンヨル中国人民大学教授)

北京の韓国文化院で25日に開かれた「韓中書道名家招待展」で会った韓国と中国の書道大家が提示した北東アジア平和構想解決法だ。今年で8回目を迎える招待展は30日まで続く。韓国側はヤン・ジンニ韓国書道協会顧問、キム・ヨンギ韓国書道協会会長ら書道家25人の作品が展示され、中国側は沈鵬・中国書道家協会名誉首席、申万勝・中国書道家協会副主席ら44人の作品が初公開された。

この日の開幕式には両国の作家と、行事を主催した韓国文化院と中国人民大学芸術学院の関係者ら200人余りが参加した。周文彰理事は「最近、中国と日本、韓国と日本が冷戦状態だが、これら全ては互いに文化的共感が不足したところから始まったとも言える。特に日本が書道を通じて東方文化の神髄である平和思想を理解すれば、右傾化や歴史的わい曲を追求することはないだろう」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日中の書道交流展で「凍りついた外交」溶かそう

    2013.10.28 09:45
    뉴스 메뉴 보기
    ムン・ゴンヨル教授と周文彰理事。
    TOP