주요 기사 바로가기

韓国型MD本格化…米国からミサイル112基購入推進

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.28 08:42
0
韓国軍が「ミサイルを撃つミサイル」と呼ばれるパトリオットミサイルを大量補強する。韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)構築の一環だ。パトリオットミサイルは1991年の湾岸戦争当時、イラクのスカッドミサイルを迎撃して有名になった米陸軍の地対空ミサイル。

防衛事業庁の関係者は27日、「政府が最近、米国とミサイル迎撃用パトリオットミサイルの追加購買協議を進めている」と明らかにした。海外への米国軍需物資販売を総括している米国防総省国防安全保障協力局(DSCA)も最近、こうした事実を確認した。

DSCAは「韓国政府がパトリオットミサイル112基と関連装備および部品、訓練、軍需支援を購買できるかどうかを打診してきた」と議会に報告した。米国が主要軍需物資を海外に販売するためには議会に報告しなければならない。2月の北朝鮮の3度目の核実験と昨年12月の長距離ミサイル発射で韓半島での軍事的脅威が高まったと判断しているため、議会の承認を得るのに問題はないと政府は見ている。

今回購買を推進するミサイルは、韓国軍が保有するパトリオット2(PAC2)の最新バージョン「GEM-T」という。従来のPAC2に比べ、レーダー性能とソフトウェアが改善された。軍は、北朝鮮の弾道ミサイルや超音速戦闘機による空軍基地攻撃に備えるため購買を推進すると説明している。

GEM-Tは弾道ミサイル、超音速戦闘機、巡航ミサイル、航空機などを撃墜できる。弾道ミサイルは30キロ、超音速戦闘機の場合150キロまでが射程圏。112基の購入に4億400万ドル(4290億ウォン)かかると見込んでいる。

ただPAC2の効用性をめぐっては論争もある。湾岸戦争当時に登場したミサイルを一度改良したPAC2は、目標物付近に飛んで行き、爆発しながら破片を散らして撃墜させる拡散弾。一方、PAC3は目標物を直接攻撃する直撃弾だ。今では旧型となったPAC2の命中率は40%を下回ると評価されている。

PAC3の命中率は70%台と、それよりも高い。しかしPAC3ミサイルは価格が50%ほど高く、レーダーや発射台などに追加の費用が必要となる。

軍関係者は「米軍は最近開発したパトリオット3(PAC3)ミサイルを実戦配備しているが、価格が高く、導入・配備にも時間がかかるため、PAC2のうち最新型のGEM-Tの導入を考えている」と話した。政府は今回、価格と緊迫性を理由にGEM-Tを大量導入する方針だが、後にまたPAC3を導入する場合、二重で費用がかかる。

このため韓国が米国のミサイル防衛(MD)体系に編入されず独自の防衛体系を構築していることを示すため、実効性も考慮せず無理に導入を推進するのではないかという指摘も出ている。

◆パトリオットミサイル=米レイセオン社が1980年代末に開発。複数の敵機および空対地ミサイルの中・高空迎撃用として設計された。地上から24キロまで上昇して目標物の迎撃が可能。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP