주요 기사 바로가기

韓国駆逐艦が5時間停電、その間に北が攻撃していれば…(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.23 09:00
0
しかし曳航する事態にまではならなかった。ある乗組員が2番発電機から外部に飛び出したスイッチ(ガバナー)をロープで結んで固定させた後、作動スイッチを押すと、電源が入った。電源供給が始まったのは停電が発生してから5時間近く経過した午前8時18分だった。こうした大停電は韓国艦艇史上初めてだと、海軍は報告書に指摘した。

海軍が安議員側に説明した内容によると、停電になるとコンピューターなどが動員される先端武器体系は使用不可能となる。「乙支文徳」のレーダーやミサイルなど核心武器体系が機能しなかったということだ。

これまで西海で発生した3回の南北海戦のうち、1999年の最初の交戦時、西海NLL侵犯から状況終了までは3時間30分だった。2002年の第2次交戦は1時間、2009年の第3次交戦は13分で終わった。瞬時の対応が重要な状況で5時間も西海の核心戦力が空白状態となっていたのだ。

しかし海軍はこうした事実を外部に公開しなかった。国政監査を通じて10カ月後にこの事故が明らかになった。事故の直後、海軍作戦司令部の主導で2回の調査・再調査が行われた。先端駆逐艦が止まったのは「不良バッテリー」が原因だった。

海軍は報告書に「発電機の稼働中断は非常バッテリーが不良だったためと推定される」と判断した。また「停電事故発生当時、予備の機関操縦用バッテリー16個のうち62%の10個が性能低下品だった」と指摘した。

安議員は「先端駆逐艦も普段の管理と整備が十分に行われていなければ戦闘状況で役立たないこともある」と述べた。
韓国駆逐艦が5時間停撓、その間に北が攻撃していれば…(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP