주요 기사 바로가기

<フィギュア>キム・ヨナ不在で浅田の独壇場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.22 09:28
0
尻もちをついた。ロングエッジ判定を受けた。回転数を減らした。それでも200点を超えた。

日本フィギュアの看板スター浅田真央(23)が21日(日本時間)、米デトロイトで行われた2013国際スケート競技連盟(ISU)フィギュアグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカ女子シングルのフリーで131.37点をマークした。前日のショートプログラムで73.18点だった浅田は合計204.55点となり、アシュリー・ワグナー(22、米国、193.81点)に大差をつけて優勝した。“フィギュア女王”キム・ヨナ(23)がけがで欠場する間、浅田にスポットライトが集中している。

浅田はフリーでラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」に合わせて演技をした。しかし最初の課題、トリプルアクセル(空中3回転半)で着地に失敗し、尻もちをついた。続くトリプルルッツではロングエッジ(wrong edge)判定を受けた。トリプルフリップ-ダブルループ-ダブルループのコンビネーションは回転数が不足した。

浅田のフリーの技術点(TES)は62.83点だった。2007年12月のGPファイナルでマークしたフリー個人最高技術点73.35点を大きく下回った。しかし芸術点(PCS)で個人最高の69.54点を受け、ジャンプでのミスを挽回した。

フリーの演技を終えた後、表情がよくなかった浅田は、点数を確認した瞬間、明るい表情を見せた。2010年バンクーバー冬季オリンピック(五輪)でマークした自己最高点の205.50点にわずか0.95点足りなかった。浅田は「この演技でこれだけの点数をもらえて満足している。不足しているジャンプをさらに補完し、より高い段階に上がりたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP