주요 기사 바로가기

【コラム】ノーベル平和賞だけ贈れば十分なのか=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.21 10:27
0
シリアで起きた民間人に対する化学兵器攻撃で、米国とロシアはシリア政権が備蓄した化学兵器除去案を共同でまとめることになった。その米ロのシリア化学兵器除去計画の実行を担当した化学兵器禁止機関(OPCW)が今年のノーベル平和賞を受賞することになった。化学兵器の危険はシリアで終わったのではない。各国政府が自国民を相手に化学兵器を使う可能性ではなくても2007年のイラクのケースのようにテロリストが毒劇物を使う危険もある。事実政府や非政府組織が内容物をどこでも手に入れられるという点のために化学兵器は生産・獲得・使用が最も容易な大量破壊兵器に属する。

多くの国がこのような化学物質を大量製造できる産業を保有しており、テロリストも危険物質を生産・使用する資源を持っていることが明らかになった。化学兵器攻撃は殺傷力が優れているだけでなく生存者と他の人に対する心理的な影響(衝撃効果)も大きい。

化学兵器の脅威は完全に消えていないがOPCWは特にその開発、生産、獲得、備蓄、移転と使用を禁止する化学兵器禁止条約(CWC)を通じこれを減らすのに大きな活躍をした。CWCは歴史上最も成功的な非拡散協定のひとつとみることができる。いくつかを除いた世界の多くの国が加入したCWCはいくら論争的案件でも合意による意志決定のために努力し、予算不足でも訓練・教育プログラム拡大に努力してきた。さらに重要なのはCWCが1997年の発効後、国同士の紛争で化学戦を行えないよう防ぐのに中枢的役割をしてきたという事実だ。20世紀に開発された化学兵器の大量の在庫を除去するという1次的な目標を数年以内に明確に成し遂げられるものとみられる。
【コラム】ノーベル平和賞だけ贈れば十分なのか=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP