주요 기사 바로가기

<フィギュア>ジャンプ失敗も…浅田真央、200点超で優勝

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.10.21 09:56
0
日本フィギュアの看板、浅田真央(23)がジャンプミスにもかかわらず、今季初のグランプリ大会を200点超のスコアで優勝した。

浅田真央は21日(日本時間)、米デトロイトで開催された2013国際スケート競技連盟(ISU)フィギュアスケートグランプリシリーズ第1戦スケートアメリカの女子シングルフリーで131.37点をマーク、合計204.55点で1位となった。ショートプログラムで73.18点をマークした浅田はフリーで技術点数(TES)62.83点、芸術点数(PCS)69.54点、減点-1点を受けた。

出場選手10人のうち最後に出場した浅田はラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」に合わせて演技をした。浅田はこの日、最初の課題である自身の必殺技トリプルアクセル(空中3回転半)でまた失敗した。ジャンプをしたが、着地で尻もちをついた。続くトリプルループ+ダブルトウループを成功させたが、トリプルルッツはロングエッジ判定を受けた。

ジャンプミスが相次いだが、浅田は芸術点で高得点を受けて挽回した。結局、合計200点を超える点数で優勝した。浅田の過去最高点は2010年2月のバンクーバー冬季五輪でマークした205.50点。

今季最初のグランプリ大会で優勝した浅田は、来月8-10日に東京で開催されるグランプリ第4戦のNHK杯に出場する予定だ。

一方、アシュリー・ワグナー(22、米国)がで合計193.81点で2位、エレーナ・ラディオノワ(15、ロシア)が183.95点で3位となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>ジャンプ失敗も…浅田真央、200点超で優勝

    2013.10.21 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    浅田真央(23)
    TOP