주요 기사 바로가기

韓国、「エネルギー安全保障」で世界最下位圏

ⓒ 中央日報日本語版2013.10.16 16:22
0
世界エネルギー会議(WEC)は15日、大邱世界エネルギー総会で、「世界エネルギー持続可能性ランキング」を発表した。

世界エネルギー持続可能性評価は、129カ国のエネルギー消費国のエネルギー安全保障、エネルギー平等、環境の3つイシューを基準に順位をつける。

韓国はエネルギー安全保障部門で昨年89位から今年は103位に落ちた。エネルギー平等部門でも昨年の32位から49位に下がった。環境部門は86位から85位に上がった。3つの要素をすべて考慮した総合順位も昨年の72位から85位に落ちた。

報告書はエネルギー安全保障の面で、エネルギー輸入依存度が高まるにつれ、エネルギーの輸出に対する輸入比率が悪化し、順位が落ちたと指摘した。

今回の評価ではスイス、デンマーク、スウェーデン、オーストリア、英国が1-5位となった。アジアでは日本が16位で最も高く、カタールが18位、台湾27位、マレーシア37位、香港40位、アラブ首長国連邦(UAE)が44位だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP