주요 기사 바로가기

<創業を避ける大韓民国>外国人と手を組んで路地を超え世界へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.16 11:08
0
「創業があふれる米シリコンバレーより躍動的な韓国市場が魅力的だった」。フランス人のミシャ・マジャヘリさんはソウル・駅三洞(ヨクサムドン)のDキャンプでほとんど毎日出勤印を押す。銀行圏青年創業財団が作ったこの創業支援センターで実施した行事で彼は韓国人の同業者にも会った。

フランスの科学大学であるEPITAを卒業した彼が創業に挑戦したスタート地点は米シリコンバレーだった。2年余りのシリコンバレーでの生活をたたみ3月に韓国に来た。彼は「全国的に4G網が敷かれており50代以上もスマートフォンを使う韓国は私の事業アイテムを広げるのに非常に良い市場だ」と話した。彼は料理や舞踊など趣味活動をしたい人と専門家をつなぐクラウドアプリを開発中だ。彼は「IT分野の最先端消費者である韓国人を相手に成功を収めた後、世界市場攻略に出る」と話した。先行するITがミシャのような海外の専門人材を引き込む魅力として作用するわけだ。このように韓国で事業を始めたり仕事をしたいという外国人専門人材がますます増えながら、韓国人だけで出発する「創業の公式」も少しずつ変わる兆しを見せている。

すでに国内用で終わるところだった事業が外国人労働者のおかげで海外市場に出る機会をつかむケースも生まれている。オンライン卸売ショッピングモールを運営するG&Gコマースは外国人労働者のおかげで海外市場に進出した。全社員40人が勤めるソウル・汝矣島(ヨイド)百貨店8階のオフィスにはエアコンの風を嫌う東南アジア出身の労働者4人のための“特別席”もある。ショッピングモールサイトが国境を越え海外サイトに発展するのに大きな役割をした。このサイトでは英語、中国語、日本語、ヒンズー語、ロシア語など多様な言語で韓国商品を注文することができる。

インドで採用され韓国に来たセンティラジャ・ティヤガラジャンさんは大学でコンピュータ工学を専攻した。彼は「海外で働くのはすべてのインド人エンジニアの夢」と話した。創業企業は労働力難に苦しめられるが、外に目を向ければ創業の予備助力者が多いという話だ。

1994年に創業したモ・ヨンイル社長は、「能力は韓国人に劣らず人件費負担ははるかに少ない。近くベトナムの人材を追加で採用する」と話した。

彼らが流入型人材なら、留学などを通じて韓国で大きくなる成長型人材もいる。マルチメディア認識技術専門会社エンサーズに勤務するインド人のチャンドラ・セクハ・ドゥヒルさんはオーディオリサーチチーム長を務める。このチームは文字で書かれた文書ではなく音声資料を検索するプログラムを開発している。KAISTベンチャーを母体にしたこの会社は2007年に創業し、翌年から外国人が入社し始めた。いまは72人の従業員の中でインド、米国、ウズベキスタンなど各国から来た多国籍社員14人が勤務している。チャンドラさんもKAISTで脳科学で博士号を取って会社に合流した。彼は「この会社では国籍ではなくどのような結果とアイデアを出したかを見て評価する。文化も開放的なのでサムスンやLGのような大企業に行くより良かったと考える」と話した。
<創業を避ける大韓民国>外国人と手を組んで路地を超え世界へ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <創業を避ける大韓民国>外国人と手を組んで路地を超え世界へ(1)

    2013.10.16 11:08
    뉴스 메뉴 보기
    G&Gコマースのモ・ヨンイル社長(右から3人目)とインド人社員らがソウル・汝矣島のオフィスで韓国人社員らとともに明るい表情を作っている。モ社長は近くベトナム人材も補充する計画だ。
    TOP