주요 기사 바로가기

インドネシア大統領夫人は初代駐韓大使の娘

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.11 16:14
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が訪問中のインドネシアは、今年で韓国との国交樹立40周年を迎えた。1973年9月に国交を結んだ後、経済的には韓国との貿易が8位の国だ。インドネシアの立場からは、一段階上の7位貿易相手国が韓国だ。外交的にも経済的にも私たちとは切っても切れない関係だ。

インドネシアは韓国に先立って「父娘大統領」を誕生させた国だ。スカルノ(Sukarno)初代大統領の長女のメガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリ(Diah Permata Megawati Setiawati Sukarnoputri)前大統領は、2001年にアブドゥルラフマン・ワヒド(Abdurrahman Wahid)前大統領が腐敗と失政で弾劾されたことをうけて権力の座に上がった。2004年まで政権を握ったメガワティ前大統領は、約30年間のスハルト独裁政権下で、学生運動と野党指導者の道を歩みながら政治力を高めた人物だ。インドネシアの「建国の父」と呼ばれる父親、スカルノ初代大統領の政治的な後光が主要支持基盤だったという点で、朴大統領とは異なりながらも似ている。

スシロ・バンバン・ユドヨノ(Susilo Bambang Yudhoyono)現大統領の夫人のアニ・バンバン・ユドヨノ夫人(61)も韓国と特別な縁がある。アニ夫人の父はウォボニ初代駐韓インドネシア大使だ。韓国国家記録院にはウォボニ大使の夫人(アニ夫人の母)と1970年代後半のファースト・レディの役割をしていた朴大統領が歓談を交わしている写真が保存されている。

ユドヨノ大統領のホームページのアニ夫人紹介欄には「医師が夢だったアニ夫人は医学部に入学したが、父親が韓国大使として赴任することになり、3年生の時に学業を中断して韓国に一緒に行った」という内容がある。「英語が上手で韓国語もできる」という内容も紹介された。父親の事情によって学業を途中で中断しなければならなかったが、自分の紹介欄に書くほど韓国を特別に思っているということだ。

朴大統領の父親である朴正熙元大統領は、1978年の2次オイルショック(石油危機)が起きると、インドネシアで森林開発で大きく成功したKODECO(コデコ、南方開発)の崔桂月会長に1979年1月、強く海外油田開発を依頼をした。

当時、石油会社の角逐の場だったインドネシアで油田開発成功を確信できなかった崔会長は戸惑ったが、朴元大統領は「私を信じてください。我々の力で油田開発を試しにやってみましょう」と督励したという。10カ月後、朴元大統領は死去したが、この決定は1984年8月インドネシアのマドゥラの油田から汲み上げた原油が麗水(ヨス)港に入港するきっかけになった。これは韓国が自ら生産した最初の石油だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    インドネシア大統領夫人は初代駐韓大使の娘

    2013.10.11 16:14
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領が1970年代後半のファースト・レディ時代に、ウォボニ初代駐韓インドネシア大使の妻と対話している様子。ウォボニ大使の娘はインドネシアのユドヨノ大統領の夫人だ。(写真=国家記録院)
    TOP