주요 기사 바로가기

アリランが「江南スタイル」よりも楽しいK-POP

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.11 15:19
0
名唱の声は最高経営者も踊らせる。尹泳達(ユン・ヨンダル)クラウンヘテ製菓会長(68)は重要無形文化財第57号・京畿民謡保有者の李春羲(イ・チュンヒ)氏(66)が歌い始めると、両腕を広げてリズムを合わせた。

11-13日にソウル光化門広場とソウル広場で開催される「2013ソウルアリランフェスティバル」を主導する2人は「アリランを世界に出す時になった」と話す。ソウルアリランフェスティバル組織委員長の尹会長は、早くからアリランの価値を見いだし、数年前から準備してきた。さらにアリランは昨年12月にユネスコ人類無形文化遺産に登録された。尹会長は全国100カ所ほどの営業組織網に「各地域のアリランを探してほしい」と呼びかけ、こうして発掘したアリラン47曲を舞台にした。全国民が楽しめるように複合文化芸術の場にしたのが「ソウルアリランフェスティバル」だ。

李春羲氏が「愛国歌をアリランにすればいい」と話すと、尹会長は「私たちの民族の魂を奮い立たせ、世界の人々が心で感じることができる歌」と語った。5月に開かれた「ソウル国際彫刻フェスタ」の参加作家にユーチューブでアリランを聴きながらドローイングをしてほしいと注文したところ、みんなアリランを口ずさんだというエピソードを紹介した尹会長は、「アリランはPSYの『江南スタイル』より楽しくなるK-POP」と自信を表した。

開幕公演で「本調アリラン」を歌い、3日間の行事のスタートを切る李氏は「私が幼い頃は京畿民謡が大衆歌謡だった」とし「若い人たちには聴く機会がなく、国楽が疎外されている」と遺憾を表した。公教育に国楽の科目が加わり、国楽小学校ができればいいという李氏が歌うと、尹会長は「オルス」と掛け声を入れた。

「従来の祭りとは違うさまざまな試みで市民が集まるよう企画した。参加者が歌う度に後援企業がユニセフに1万ウォン(約1000円)ずつ寄付するプログラムもある。歌も歌い、人も助け、アリランは人に活力を与える歌だ。太陽光設置物でエコ行事にした点も満足している。みんなが一緒に楽しむ場でストレスを解消すれば、争い事も減るはず」(尹泳達会長)。

「車椅子を持ってきた90歳の高齢者が、話すのは不自由でも完ぺきに歌うのを見て“シニア国楽競演大会”を開きたいと思った。喜寿(77歳)、米寿(88歳)、長寿の秘訣はアリランを歌うことにあるのかもしれない」(李春羲氏)。

2002年ワールドカップ(W杯)大会当時の応援のエネルギーをアリランフェスティバルで発散しようという2人は「1日午後6時、車がない光化門広場で会いましょう」とあいさつした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アリランが「江南スタイル」よりも楽しいK-POP

    2013.10.11 15:19
    뉴스 메뉴 보기
    会社が危機を迎えた時、テグン(横笛)の音に癒され、国楽に魅力を感じたという尹泳達会長(左)は、李春羲氏が「本調アリラン」を歌うと、両手を広げて踊り出した。尹会長は「アリランを世界に出す時になった」と語った。
    TOP