주요 기사 바로가기

村上春樹氏、ノーベル文学賞候補1位…韓国の詩人・高銀氏は?

ⓒ 中央日報日本語版2013.10.10 15:21
0
10日午後8時(日本時間)ごろ発表される今年のノーベル文学賞に誰が選ばれるかに関心が集まっている。

現在、日本の村上春樹氏が最も有力な候補に挙がっている。06年に受賞者を的中させて話題になった英ブックメーカー(賭け屋)「ラドブロークス」は、村上氏の受賞の可能性を5対2の配当率でトップとしている。カナダの小説家アリス・モンロー氏が4対1で2位。

韓国の詩人・高銀(コ・ウン)氏の受賞の可能性は10対1で7位。1958年に登壇し、詩集『白頭山』『萬人譜』などを出した高銀氏はノーベル文学賞の常連候補だ。作家のファン・ソギョン氏もノーベル賞受賞に挙がっている。

1994年にノーベル文学賞を受賞した日本人作家の大江健三郎氏は05年の訪韓当時、「今後のノーベル文学賞受賞者は、私より8歳年下の韓国のファン・ソギョン氏、フランスのル・クレジオ氏、中国の莫言氏、トルコのオルハン・パムク氏らが有力」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP