주요 기사 바로가기

TPP参加を示唆する韓国政府

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.04 13:17
0
オバマ大統領が推進する環太平洋経済連携協定(TPP)への参加をめぐり韓国政府の悩みが深まっている。6-8日にインドネシア・バリで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でこの問題が公論化される可能性が高いからだ。

朱鉄基(チュ・チョルギ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)外交安保首席秘書官は3日、記者に対し、「(APEC首脳会議期間)首脳レベルで話が出る可能性がある」とし「政府で(TPP参加を)検討してきたが、TPP国家の多くがAPECに加盟していて、アジア太平洋地域の協力を広げるものであるため、大きな関心を持っている」と述べた。続いて「そこ(参加を宣言する方向)まで行くかどうかは分からない」と話した。

青瓦台の関係者は朱首席秘書官の発言に関し、「青瓦台首席が朴槿恵(パク・クネ)大統領の発言の可能性に言及した点からみて、政府がTPP参加を前向きに検討しているのでは」と話した。別の青瓦台関係者は「TPP参加はまだ決定していない」としながらも「朴大統領が話さなくても、他の首脳がTPPの話を先に持ち出す可能性が高い。交渉参加のためには国内世論を聞くなど、いくつかの手続きを踏む必要がある」と話した。

これに先立ち米国の通商専門メディア「インサイドUSトレード」は2日(現地時間)、「韓国政府がTPP参加を事実上確定した」とし「こうした事実をAPEC首脳会議期間に発表するか、ソウルで発表するかを検討している」と報じた。こうした報道内容に関し、産業通商資源部は3日、「政府の立場はまだ決まっていない」と否認した。

しかし朴大統領がAPEC首脳会議でTPPに対する関心を表明するだろうという見方が出ている。日本のケースのように先に示唆し、世論を聞くということだ。日本は2011年11月のAPEC首脳会議で当時の野田佳彦首相が関心表明をした後、今年3月に安倍晋三首相が交渉参加を宣言した。

TPPは米国が主導的に推進するアジア・太平洋地域の自由貿易体制。日本・豪州・ブルネイ・カナダ・チリ・マレーシア・メキシコ・ニュージーランド・ペルー・シンガポール・ベトナムなど16カ国が交渉に参加している。現在の交渉参加国基準でTPPは世界総生産(GDP)の38%、貿易量の28%を占める。実現すれば世界最大の自由貿易協定となる。

政府の悩みは、韓国のTPP参加が中国を孤立させるという点にある。このため朴大統領が今回、関心を表明しても、実際に韓国が交渉に参加するまでは外交的・経済的に解決すべき課題が少なくない状況だ。

一方、朴大統領の海外訪問は就任後4回目となる。6-8日のAPEC首脳会議、9-10日のASEANプラス3(韓日中)首脳会議(ブルネイ)に出席し、11-12日にインドネシアを国賓訪問した後、13日未明に帰国する日程だ。

朴大統領は主要20カ国・地域(G20)首脳会議に続き、APECの舞台で2回目の“バランサー”役をする。「強靭なアジア太平洋、世界成長のエンジン」というテーマで開かれるAPEC首脳会議で、朴大統領は先進国と新興国をつなぐ懸け橋の役割をする見込みだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP