주요 기사 바로가기

【社説】高齢者人口600万人、全方位から高齢者対策を立る時だ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.02 15:45
0
今日の「敬老の日」を迎え、振り返ってみた韓国の高齢者の現実は非常に暗い。 韓国国内の65歳以上の高齢者人口は全体の12.2%のおよそ613万人。人口統計以来初めて600万人を超え、2025年には1000万人を超えるものと推算される。人口構成の主流がシニア層に移っていることを示している。しかし韓国社会の高齢者問題に対する認識と覚醒は脆弱で、高齢者政策も後進性を見せている。単に最近の高齢者基礎年金に関連する公約の後退を示しているだけではない。

2日前に、釜山では60代の高齢者が死亡してから5年ぶりに白骨状態で発見された。地域の自治区は、基礎生活受給の対象者ではないため全く管理できていなかったことを認めた。このように社会的セーフティネットから外れた一人暮らしの高齢者がどれくらい存在しているのかは分かっていない。また、国連人口基金が調査した高齢者福祉指数では、韓国が91カ国のうち67位を占めた。これは、南アフリカ共和国(65位)とウクライナ(66位)よりも低い水準だ。特に、年金と高齢者貧困率などを反映した所得分野は91カ国のうち90位にとどまった。高齢者の貧困問題がこれ以上放置できない問題になっていることを示している。

また、高齢者の犯罪と高齢者対象の犯罪も急激に増えており、社会の不安要素として浮上している。過去高齢者の犯罪は生活のための単純窃盗が多かったが、最近は暴力・強姦・殺人など凶悪犯罪に移っているところだ。高齢者の凶悪犯罪は過去6年間で2.3倍に増え、窃盗は2.5倍、強姦は3.6倍に増えている。高齢者を対象とした犯罪も、昨年は前年比67%も増えた。犯罪の行為者、犯罪の対象としての高齢者問題は無視できない新たな社会問題だ。

高齢者保護のための社会的セーフティネットの拡充、高齢者の犯罪など新たな社会問題を解決するための対策など、すでに高齢者問題は、政策的レベルでこれ以上放置できない時点に来ている。高齢者の生産性向上、雇用、貧困、犯罪など全方位から対策を急いで立てなければならない。また、各種対策が急速に進む高齢化に付いていくのが難しいという点で個々人が老年期のプランをしっかりと立てるなどの努力も必要だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP