주요 기사 바로가기

北朝鮮の権力移動…軍を押さえ党政治局が30人中25人(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.02 10:36
0
発足2年目を迎えた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制の権力中心が軍部(国防委員会)から労働党(政治局)にシフトしたことがわかった。平壌(ピョンヤン)の核心エリート勢力内部の「パワーシフト」だ。

これは国会外交統一委員会所属のセヌリ党ユン・サンヒョン議員が、政府関連機関が非公開で作成した「北朝鮮核心30人」資料を入手し分析した結果だ。ユン議員は1日、「当局が把握した金正恩体制での党・政・軍権力構造改編動向と権力核心人物の現況を分析した結果、北朝鮮政権の権力核心30人のうち25人が党政治局の高位職位を持っていることがわかった」と明らかにした。資料によると“核心30人”には政治局常務委員が2人、委員が11人、候補委員が12人など、党政治局高官が大挙含まれた。

◆先軍政治の金正日時代にはなかった党会議増える

「先軍政治」を強調した金正日(キム・ジョンイル)総書記時代の2010年の場合、北朝鮮の核心のうち政治局の職位を持つのは金正日本人が務める常務委員1人、金英柱(キム・ヨンジュ)最高人民会議常任委員会名誉副委員長、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、全秉浩(チョン・ビョンホ)内閣政治局長の委員3人、金鉄万(キム・チョルマン)最高人民会議代議員ら候補委員5人程度だった。

だが、金正恩時代がスタートし変化が起きた。公式序列2位の金永南最高人民会議常任委員長と政権の核心勢力に挙げられる崔竜海(チェ・ヨンヘ)軍総政治局長が金正恩第1書記と並び党政治局常務委員を務めた。崔竜海局長は金正恩の叔母である金敬姫(キム・ギョンヒ)党秘書、張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長夫妻とともに後継権力を支える核心後見勢力に挙げられる人物だ。世宗(セジョン)研究所のチョン・ソンジャン首席研究委員は、「主に党の側にいた崔竜海が軍の総政治局長になったことを見ても党の役割が強調されていることがわかる」と分析した。

このほか金敬姫秘書と張成沢副委員長、朴奉珠(パク・ポンジュ)首相、金己男(キム・ギナム)秘書らは政治局委員に名前を上げた。化学工業専門家である朴首相は張成沢の側近だ。また、金養建(キム・ヤンゴン)対南担当秘書(統一戦線部長)と金英逸(キム・ヨンイル)国際担当秘書、郭範基(クァク・ボムギ)経済担当秘書、盧斗哲(ノ・ドゥチョル)内閣副首相らが候補委員だ。

韓国政府は金正恩が公式に登場した2010年9月以降、北朝鮮が持続的に党政治局員と候補委員、党中央軍事委構成員数を増やしたと把握している。こうした傾向は昨年4月に労働党規約と憲法を改正しながら加速化した。特に金正日時代にはほとんど開かれなかった党会議が増えた。党代表者会、党中央委員会全員会議、政治局会議、中央軍事委員会議などが行われ、「核武力と経済建設並進路線」など主要政策決定と懸案処理が行われた。特に今年に入って「党細胞秘書大会」(1月28・29日)、「全軍党講習指導者会議」(2月22日)、「3大革命小組員会議」(2月27日)が相次いで開催されるなど党の下部組織を固める様子も感知された。
北朝鮮の権力移動…軍を押さえ党政治局が30人中25人(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP