주요 기사 바로가기

【コラム】北朝鮮-イラン「核の軸」が崩れたら(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.01 15:27
0
残念なことに金正恩(キム・ジョンウン)の国際的な境遇がかなり困難に陥っている。北朝鮮は、米朝対話と6カ国協議によって経済制裁に縛られた孤立から抜け出す突破口を見出そうとしているが、米国の関心が明らかにアジア、韓半島、北朝鮮から離れた。オバマ第1次政権のアジア回帰(Pivot to Asia)は第2次政権で中東再回帰(Repivot to Middle East)に逆転し、対北朝鮮の戦略的忍耐は戦略的忘却ぐらいに反転した。すでにオバマ外交の2大課題はパレスチナとイラン・シリアだ。

弱り目にたたり目で、金正恩は核兵器開発の戦友であるイランが、北朝鮮-イラン核の軸から急速に離脱する姿を見守らなければならない。イランは北朝鮮と核・ミサイル技術で重要な協力パートナーとして知られていた。2006年の第1次の時から北朝鮮の核実験現場にはイランの参加団がいたという疑惑が高い。そのようなイランの新しい大統領ハサン・ロハニ氏は先週、国連(UN)総会を中心に米国メディアへの寄稿やインタビューを通じて、イランが核問題を外交で解決する意志があることを全世界に効果的に伝えた。彼は遅くとも今年中に交渉で核問題を終結させることを望むと語った。好戦的反米として中東の安定をかく乱した前任のアフマディネジャド大統領の時には想像もできなかった変化だ。ロハニ氏は対西方強硬派の最高指導者ハメネイ氏も自身の交渉路線を支持すると明らかにして、西側との一切の妥協に抵抗するイランのイスラム革命守備隊傘下の特殊部隊クッズ(Quds)のスレイマン司令官の政治介入も遮断できると暗示した。

ロハニ氏の大舞台での大きなゲームの前では、金正恩の金剛山(クムガンサン)離散家族対面の延期措置は取るに足りない。開城(ケソン)工業団地までうまく来ては金剛山で引き返し、高齢者の対面対象者に苦痛を与え、国際社会の批判を受けている金正恩の境遇がイランのロハニ氏とは本当に対照的だ。金正恩が考えを変えなければ出口は見えないだろう。金正恩は、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の時代とは違い、朴槿恵(パク・クネ)政権では挑発的な威嚇も通じないということが分からないはずがない。

労働新聞の社説と祖平統の声明を見れば、金正恩がぬるま湯から冷や水に態度を変えた背景が推測できる。北朝鮮は、韓国政府が開城工業団地の再開は朴槿恵大統領の原則ある対北朝鮮政策の勝利だと祝う雰囲気が耐えられなかったのだろう。韓国メディアは朴槿恵大統領の原則ある対北朝鮮政策の勝利を惜しみなく称賛した。韓国政府は“成功の落とし穴”にはまって勝者の謙そんを知らなかった。金正恩は、インターネットで韓国メディアの報道をほとんどリアルタイムで読んでいることが分かった。金正恩は開城工業団地の合意の功績が韓国大統領に独占されるのを見て、2000年に金大中(キム・デジュン)大統領がノーベル平和賞を独り占めにした記憶をよみがえらせたのかもしれない。
【コラム】北朝鮮-イラン「核の軸」が崩れたら(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP