주요 기사 바로가기

老いゆく大韓民国…2060年、40%が高齢者

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.01 09:57
0
大韓民国が急速に老いつつある。現在の傾向のままで行くと2060年には国民10人中4人以上が高齢者で占められる見通しだ。また、生産可能人口1.2人で高齢者1人を扶養しなければならない。

韓国統計庁は老人の日(10月2日)を前に30日、こうした内容を中心にした「2013年高齢者統計発表」を出した。統計によれば、今年の総人口に65歳以上の高齢者が占める比率は12.2%で、毎年急速に増加していることが明らかになった。関連統計が始まった1960年は2.9%に過ぎなかった高齢者比率が、2008年に初めて10%を超えた。今後も高齢者比率は急速に上昇し、2060年には40.1%に達すると予測された。これに伴い、生産可能人口1人あたり扶養しなければならない高齢者数も急速に増えている。1960年には18.9人が高齢者1人を扶養すればよかったが、今年は6人で扶養しなければならない。また2060年になれば高齢者1.2人あたり1人ずつで扶養することになる。

韓国の高齢化率は、現在の基準では日本やドイツ・フランスのような先進国よりは良い方だ。2010年基準の韓国の高齢化率は11%。「老人大国」の日本は23%に達し、ドイツとフランスもそれぞれ20.8%、16.8%水準だ。若年層の移民が多い米国も高齢化率は13.1%で韓国よりも高い。だが30年後の2040年になると話は変わる。韓国の高齢化率は32.3%に急騰する一方、フランスとドイツはそれぞれ25.4%と31.8%で韓国よりも低くなる。日本だけが34.5%で韓国よりも高いと予測されている。

高齢者の比率が高まる中で、高齢者の経済活動参加率も上がっている。生計のためにやむを得ず働きに出る高齢者が多くなるということだ。

2012年の高齢者の経済活動参加率は30.7%で前年(29.5%)より1.2ポイント上がった。統計庁のユン・ミョンジュン社会統計企画課長は「高齢者層の10人中4人は今後就職することを望んでいる」として「彼らが仕事をしたい主な理由は生計」と話した。

一方、高齢者比率は農業地域である全羅南道(チョンラナムド)(21.4%)が最も高く、次いで全羅北道(チョンラブクド)・慶尚北道(キョンサンブクド)(17.5%)・江原道(カンウォンド)(16.4%)の順で現れた。高齢者比率が最も低い地域は工業都市の蔚山(ウルサン)(7.8%)で、続いて大田(テジョン)・京畿(キョンギ)・仁川(インチョン)(9.7%)の順だ。市郡区別で見ると全羅南道高興郡(コフングン)が33.8%で全国で最も高く、蔚山北区(プック)は5.6%で最も低かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP