주요 기사 바로가기

【噴水台】陰謀説が生活化する韓国社会、どうしてそうなるのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.30 16:40
0
あれこれといろいろな陰謀説が出てくる。ある知人から、大統領の福祉公約関連の謝罪とスター熱愛説の相関関係に関する陰謀説を聞いて失笑した。朴槿恵(パク・クネ)大統領が大統領選挙当時の核心福祉公約である基礎年金支給対象を縮小したことについて謝罪した日、3件の芸能界熱愛説が出てきた。オ・ジョンヒョクとソヨン、CHOIZAとソルリ、そしてエル。これら熱愛説は大衆の関心分散用に出てきたものだという。

「高齢者の基礎年金」問題に年齢層がずっと低いアイドルスターの熱愛がなぜ関心分散ネタかと問い返した。大統領が約束を守れなかったという事実に、若者が関心を向けないようにするためという説明だった。“大物級”がいないため、一気に3件、量で攻めたという。意外にもこの陰謀説は広く知られていた。誰かがまた付け加えた。李石基(イ・ソッキ)議員の内乱陰謀事件拘束起訴を同じ日にしたのも、大統領の謝罪を希釈するためだという話もあると。

これほどになると、「陰謀説の生活化」といえる状況だ。もちろん陰謀説はどの時代にもあったが、最近はほとんどすべての政治事件に陰謀説がつく。南陽乳業の暴言事件は尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官セクハラ事件を、李石基議員内乱陰謀事件と蔡東旭(チェ・ドンウク)検事総長の婚外息子報道は国家情報院の選挙介入捜査事件を伏せるためというのが代表的な例だ。さらにはアシアナ航空のサンフランシスコ空港事故も、国家情報院の事件への関心をそらすために起こしたという天人共怒する陰謀説まで広まった。

陰謀説は、世の中が巨大な背後勢力によって操縦されるという発想から始まる。社会が危機に直面したり、不透明で混乱している時、疎通が詰まった社会で猛威を振るう傾向があるという。ところが大統領支持率は60%を超え、現在の混乱と危機感が過去に比べて大きいともいえない。それでもなぜこの時点で陰謀説なのか。このテーマで数人の知人と討論した。社会の不安を策動しようとする勢力のいたずらという意見がある一方、過去の維新時代の陰謀政治の残像に現在の青瓦台で大統領に次ぐ地位の人物が、過去の大統領選挙に介入するため地域感情をあおろうと謀議した、かの有名な「草原ふぐ料理店」事件の張本人という点で発動する“疑心”も挙がった。人は簡単には変わらないという先入観が陰謀説として広まるということだ。

たとえそうだとしても、世の中のことが計画通りになるのだろうか。陰謀説が危険なのは、こうした幻惑に流されて危機感を膨らませ、混乱を自ら招く時だ。私たちが成否を判断し、目を大きく開き、事必帰正(万事は必ず正理に帰する)という信頼が強ければ、誰が私たちの生活を操縦できるだろうか。

今はもう何もかも信じるのではなく、しっかりと判断することが私たちには必要なようだ。

ヤン・ソンヒ論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】陰謀説が生活化する韓国社会、どうしてそうなるのか

    2013.09.30 16:40
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=キム・フェリョン記者。
    TOP