주요 기사 바로가기

混乱の中で姿を消した金正恩夫人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.30 08:48
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の李雪主(リ・ソルジュ)夫人が半月間ほど、公開席上に姿を表していない。また主要行事に参加していた銀河水管弦楽団も、北朝鮮官営メディアに2カ月以上も登場していない。李雪主は15日に平壌(ピョンヤン)で開かれた国際重量挙げ競技当時、金正恩と一緒に参観して以来、姿を見せていない。

昨年から年初にかけて妊娠・出産のため1カ月以上登場しなかったことはあるが、2週以上の空白に情報当局は注目している。金正恩の平壌文殊文繍水泳場訪問(22日)行事の場合、李雪主が随行する予定だったが、姿が見られなかったからだ。

韓国政府の当局者は29日、「李雪主と関連した醜聞を信憑性ある情報と判断している」と述べた。醜聞説は、銀河水管弦楽団の一部の団員が欧州公演中に不適切な行動をし、平壌に戻って資本主義の発展やキリスト教・聖書などに言及したのが発端となった。わいせつな行為をしたという疑惑を受けている銀河水管弦楽団のムン・ギョンジン団長ら実名が挙げられながら噂は広まった。21日には日本の朝日新聞が楽団員がわいせつ映像物を制作・販売して摘発され、うち9人が公開処刑されたと報じた。

対北朝鮮情報に詳しい政府当局者は「北の有名楽団である銀河水管弦楽団の団員の間で不適切なセックススキャンダルがあり、これを北の公安機構が調査する過程で李雪主の名前が登場し、収拾レベルで関係者を公開処刑したと聞いている」と述べた。

これに関し世宗研究所の鄭成長(チョン・ソンジャン)研究委員は「噂だとしても李雪主がかかわったとすれば、北としては敏感な問題」とし「李雪主の公開活動中断が長期化すれば深刻な状況と見なすことができる」と分析した。北朝鮮が噂を広めた人物を探すための調査を行うという話も出ている。対北朝鮮専門メディアのデイリーNKは25日、平壌消息筋を引用し、「幹部を中心に上(当局)に呼ばれることが増えている」と伝えた。この消息筋は「最近ある幹部から『夫人(李雪主)に大きな汚点が残ることになった』という話を聞いた」と紹介した。

李雪主にまで飛び火したのは、調査の過程で「李雪主も私たちのように遊んだ」と楽団員が発言したという話が出たからだ。平壌国立交響楽団の元ピアニストのキム・チョルウン百済大教授は「平壌音大8年後輩のムン・ギョンジンは父が文化省局長を務めた高位層の家庭」とし「北当局が恐怖感を与えるために処刑をしたと考えられる」と述べた。平凡な家庭出身の李雪主をめぐりさまざまな噂を流した芸術家の口止めを狙ったということだ。当局は李雪主の父が空軍操縦士出身と把握している。

執権2年目を迎え、体制の安定のために軍部掌握や経済建設などに力を注いでいる金正恩が、李雪主の醜聞という突出変数にぶつかったという分析もある。安燦一(アン・チャンイル)世界北韓研究センター所長は「金正日(キム・ジョンイル)の場合、夫人の高英姫(コ・ヨンヒ、金正恩の生母)の万寿台芸術団時代の過去などを徹底的に消したが、李雪主の場合、こうした部分が十分でなく、醜聞説が出てきた」と話した。さらに金正恩の場合、夫人をベールで覆った父とは違い、「夫人・李雪主同志」と公式化したため、負担がさらに大きいという指摘だ。

1970-80年代とは違って外部情報の流入が容易になり、住民の間の情報流通が速まったのも、醜聞が急速に広まった背景に挙げられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    混乱の中で姿を消した金正恩夫人

    2013.09.30 08:48
    뉴스 메뉴 보기
    李雪主夫人
    TOP