주요 기사 바로가기

韓国空軍戦闘機の半数が機齢30年超える…空の安保空白に懸念(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.25 09:23
0
24日、次期戦闘機(F-X)機種選定のための防衛事業推進委員会を終えて出てきた国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官の表情は固かった。「私が会議出席者にきょうの会議と関連しては一言も話さないよう指示したのに何を話せるだろうか」として言葉を控えた。

この日の会議は当初24人の委員が意見を陳述した後で投票により決めようとしていた計画を変え、F-15SE否決に同意するかを尋ねる方式で進行された。委員会関係者は、「金長官は会議場に入ってきた時から否決を決心していたようだ」と伝えた。

先月16日に終わった価格入札でF-15SEを製造するボーイングが唯一価格条件(8兆3000億ウォン)をクリアし機種選定は順調に見えた。

しかしイ・ハンホ予備役大将をはじめとする歴代空軍総長15人が12日に朴大統領と金長官、国会国防委員にステルス戦闘機購入を強く要求する建議文を送り反転ムードが感知された。13日に金長官が朴大統領に機種選定について報告すると、朴大統領は、「金長官が判断しなさい」として決定を委任したという。以後秋夕(チュソク)連休を前後して「金長官が事業の再検討を決心し戦力空白を防ぐための方策を講じるよう指示があった」といううわさが国防部周辺に出回った。

今回の決定はF-15SEに対する反対世論を契機にステルス機であるロッキードマーティンのF-35Aに再び機会を与えるためのものとの指摘も出ている。
韓国空軍戦闘機の半数が機齢30年超える…空の安保空白に懸念(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国空軍戦闘機の半数が機齢30年超える…空の安保空白に懸念(1)

    2013.09.25 09:23
    뉴스 메뉴 보기
    次期戦闘機選定に向けた防衛事業推進委員会会議が24日にソウルの国防部で開かれた。金寛鎮長官が会議の開始を知らせる議事棒を叩いている。この日会議に上程されたボーイングF-15SE選定案件は否決された。(写真=共同取材団)
    TOP