주요 기사 바로가기

13億人の市場獲得へ…韓国製パン企業、中国で店舗展開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.24 15:26
0
「13億5000万人の人口が毎年10%ずつ消費を増やしている商品、しかし全国的なブランドはない商品」。中国ベーカリー産業の特徴はこのように要約される。この中国市場を先に獲得するため、韓国製パン企業が積極的に動いている。

CJフードビルのトゥレジュールは中国河南省鄭州にマスターフランチャイズ(MF)形態で地域3号店をオープンしたと23日、明らかにした。MFとは、該当地域のパートナー会社に事業権を委任するものの、品質とサービスは本社が管理する方式。直接経営せずロイヤルティーを受けるため、直接投資に比べてリスクが少ない。

CJフードビルは今年1月、中国四川省のある企業とMF契約をした。その後、河南・山西省、8月には福建省にも進出するなど、中国事業を急速に拡大している。

昨年末19店舗だった中国国内のトゥレジュールは現在34店舗と、9カ月で倍近く増えた。CJフードビルの関係者は「トゥレジュールが直接進出した北京・天津・上海・威海・蘇州など5都市を含めると、韓国ベーカリー会社では中国内で最も多くの地域に進出している」とし「急速に成長する中国製パン市場で全国ブランドに成長していくだろう」と述べた。トゥレジュールは2017年までに中国国内の売り場を1600店舗に増やす方針だ。

中小企業輸出支援センターが昨年発表した報告書「中国製パン業発展現況」によると、2010年に1000億ウォンを超えた中国ベーカリー市場は今年1300億ウォンに達する見込みだ。2011年に160万トンだった中国内パン生産量は2015年には600万トンを超えると予想される。今年6月のMF締結に出席した山西世紀三毛食品有限公司のシェルオウェイ社長は「今後10年間、中国製パン産業の黄金時代が開かれるだろう」と述べた。

しかし中国ベーカリー市場は全国的な影響力を持つ企業がなく、地域ごとに人気ブランドが異なる。製パン業界のある関係者は「本社が品質と衛生を管理しながら全国を舞台に営業する韓国式フランチャイズのパン店は中国で成功する可能性が高い」と説明した。

韓国の製パン会社のうち中国事業はSPCグループのパリバケットが最初に始めた。パリバケットは04年9月に中国・上海に進出した後、現在、北京・天津・蘇州など計123店舗を運営している。2011年11月に韓国ベーカリー業界では初めて南京に進出したのに続き、昨年は大連などにも新規拠点を拡大した。今後、東北3省と華西・華南地域にまで拡大し、2015年までに500店舗、2020年までに1000店舗をオープンする計画だ。

SPCの関係者は「パリバケットは大都市の中心商圏と高級住宅街を中心に攻略し、高級ベーカリーブランドとして定着している」と説明した。実際、パリバケットは中国ベーカリー業界で何度も受賞している。最も有名な店舗に授与される「名声店」賞をはじめ、AAAブランド、中国10大ブランド、5ツ星級ブランド、北京オリンピック供給賞、ネットユーザー選定人気ブランド賞などを受賞してきた。

国産外食フランチャイズではミスターピザが攻撃的に中国事業を拡大している。ミスターピザは今年前半期に3店舗を追加し、計27店舗となった。今月初めには中国の大型流通・不動産企業の金鷹グループと投資契約を締結した。金鷹グループは上海と江蘇省一帯に28カ所のデパートを運営中で、今後20店舗を追加でオープンする予定だ。

ミスターピザは金鷹グループの流通インフラを活用し、中国全域にミスターピザを2000店舗、コーヒー専門店マノフィンを3000店舗に増やす計画だ。ミスターピザの関係者は「現地で加盟事業に関する問い合わせが増えている。来年初めから新設店舗が次々と登場するだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    13億人の市場獲得へ…韓国製パン企業、中国で店舗展開

    2013.09.24 15:26
    뉴스 메뉴 보기
    16日に中国・鄭州でオープンしたトゥレジュール店。CJフードビルは中国で店舗を増やす計画だ。(写真=CJフードビル)。
    TOP