주요 기사 바로가기

ケニアで人質テロ…韓国人1人含む59人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.23 08:52
0
ケニアの首都ナイロビで21日、イスラム武装組織が人質テロを行い最小59人が死亡し175人が負傷した。死亡者の中には西洋人が多く含まれ、韓国人女性1人も犠牲になったことが22日までに確認された。テロ犯はショッピングモール利用客を人質とし、コーランを暗唱できない人はイスラム教徒ではないと見なして順に殺害した。事件発生2日目の22日もテロ犯が人質数十人を捕まえ抵抗しており、イスラエルの特殊部隊がケニア軍と共同で鎮圧作戦に加担するなど国際社会が共同対応に乗り出した。自国民に被害者を出した米国と英国もケニア政府の鎮圧作戦を全面支援すると明らかにした。

韓国外交部はナイロビのウェストゲートモールで発生したテロ事件で韓国人女性が銃傷と手榴弾の破片による外傷で死亡したとみられると明らかにした。この女性はカン・ムンヒさん(38)とみられる。駐ケニア韓国大使館は、「カンさんとともにショッピングモールにいた英国籍の夫から妻が行方不明になったとの連絡があり、遺体保管所にあった東洋人女性の遺体がカンさんのものか身元確認作業を始めた。警察の指紋確認結果を待っているが、カンさんの知人と夫の同僚は銃撃にあった遺体を見てカンさんだと確認した」と説明した。カンさんは外資系コンサルティング会社に勤める夫とともに最近ナイロビに来たという。

惨事が発生したのは21日正午ごろだった。5階建てのウェストゲートモールでこどもの日の記念イベントが行われていたところ、1階野外テラスカフェで銃声が鳴り響いた。AK-47小銃で武装した武装組織が手榴弾を投げて乱入し、人々に向かって銃器を乱射した。テロ犯は人質を隅に追い立て、ムスリムを選び出した。目撃者は「テロ犯が『ムスリムは立て』と言った後コーランを暗唱させた。暗唱できない人はすぐに殺害した」と話した。テロ犯は預言者ムハンマドの母親の名前を尋ねたりもした。

ケニア内務省は死亡者59人にはケニア大統領のおいも含まれ、49人が行方不明状態だと明らかにした。1998年にアルカイダがケニアの米国大使館を爆弾で攻撃し200人が死亡してからテロによる最悪の人命被害だ。AFP通信は、「イスラエル軍がケニア軍と合同で人質救出作戦を行っている」と報道した。ウェストゲートモールはイスラエル人の所有だ。

事件発生直後、ソマリアのアルカイダ関連勢力であるアル・シャバーブはツイッターを通じ、「ケニアのソマリア派兵に対する報復として今回の攻撃を行った」と明らかにした。ウェストゲートモールを狙ったのは国際社会を狙った警告性の挑発行為と解釈される。ここは外国人と裕福な地域住民が主に訪れる豪華ショッピングモールだ。死亡者の中にはフランス人2人、外交官を含むカナダ人2人、英国人3人、インド人2人などが含まれたことが確認された。米国人4人も負傷した。近所には韓国をはじめとする各国の大使館と国連事務所、アフリカ連合本部などが位置している。

米ホワイトハウスは声明を通じ、「あらゆる形態の対テロ努力をケニア政府とともにする」と明らかにした。キャメロン英首相は、「われわれはどのような支援も提供する準備ができている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP