주요 기사 바로가기

歴史観論争招いた韓国の高校教科書、問題になった誤り部分を修正へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.18 14:08
0
韓国で歴史観論議が起きている教学社の高校の韓国史教科書の誤り部分が修正される。教学社の教科書の著者が17日に記者会見を行い、「韓国教育部の修正検討指示とこれまで提起された歴史的事実についての誤りなどを謙虚に受け入れて修正する」と話した。

執筆陣はこの日、教学社を除く残り7つの教科書についての分析も出した。共同著者であるクォン・ヒヨン教授(韓国学中央研究員)は「左派でも右派でも、私たちが従わなければならないことが1つある。それは“事実”だ。そこに屈服できる時、左右の両陣営が共通点を見出していける」として「教学社の教科書を批判する側は、初めは立場の違いで、その次はささいなミスをさがし出して“不良教科書”だと罵倒した」と明らかにした。彼は「これまで教学社の教科書については数十人が集まって点検をしたが、他の教科書については何の検討も指摘もなかった。進歩陣営の攻撃が一方的だった」と主張した。

クォン教授は、保守陣営から“左偏向”に分類されているチョンジェ教育の韓国史教科書も一部検討した。彼は「任意に348~355ページを選んで分析した。その8ページ中に15カ所の写実的な誤りを発見した。全体として650か所の誤りがあるかもしれないということだ。教学社の教科書で見つかったという298カ所よりもさらに多いのではないか」と話した。

クォン教授は「鳥に左と右、2つの翼が必要なのは胴体のためだ。その胴体とは何か。自由民主主義の価値だ。ところで左翼が翼の代わりにヒレの役割をするとして水の中に入ろうとすれば、鳥は出ることができようか」と反問した。彼は「個人的意見だが、7つの教科書のうち志学社とリベルスクールは相対的に左偏向の指向が少ない」と主張した。

主執筆者のイ・ミョンヒ教授〔公州(コンジュ)大学)は「教育部や国家編纂委員会などが主管する生産的なレベルの公開学術討論を提案する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP