주요 기사 바로가기

韓国与野党、水産市場で安全性アピール

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.12 10:31
0
11日午前11時50分ごろ、ソウルの鷺梁津(ノリャンジン)水産市場を回ったセヌリ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)代表が、ある店の前で生きたタコをさっと持ち上げた。店の主人が「地元の韓国産だ。祭壇に必ず供えるものだ」と言ったら黄代表はその場でタコを2万7000ウォン(約2480円)で買った。黄代表は他店でもヒラメ1匹を直接網ですくって3万ウォンで購入した。セヌリ党はタコとヒラメをそれぞれゆでたり刺身にしたりして「指導部現場昼食会議」で出した。

▼黄代表=「韓国内で流通しているものは安心できると国家的に保障して、国民の不安を解消しなければならない」。

▼キム・ギヒョン政策委議長=「日本大使館から昨日党に訪ねてくると連絡してきたが断った」。

同じころ、民主党の田炳憲(チョン・ビョンホン)院内代表も鷺梁津水産市場の別の場所を回っていた。田院内代表は、タコとワタリガニをとり上げて見せて「(市中に流通する量としては)0.5%に過ぎない日本の水産物が、水産市場を焦土化させている」として「国内産は(日本の放射能とは)全く関係がない。私たち党議員がソウル広場で(野宿闘争に)奮闘するために秋のコノシロを食べて頑張ろう」と言った。市場を訪れた客には「旬のワタリガニをたくさん食べて下さい」「オメガ3の豊富なサバを買って召し上がって下さい」などと広報した。田院内代表はタコ2匹とワタリガニをそれぞれ3万ウォンずつで購入し、同行したオ・ジェセ議員もマナガツオを4万5000ウォン分買った。

政局の懸案ごとに平行線をたどっているセヌリ党と民主党だが、今回は久しぶりに国内産水産物は安全だとの声を合わせて出した。尹珍淑(ユン・ジンスク)海洋水産部長官はこの日、国会の農林畜産食品海洋水産委員会で日本産の水産物について「科学的観点から言えば現在としては特に問題になるものではない」として「韓国政府は日本産水産物の輸入を全面禁止してはいないが、実際はほとんど輸入を禁止したような措置を取った状態」と話した。尹長官は「国内水産物も海水と水産物の検査を定期的に行っており(放射能は)ほとんど現れていない。国民は安心して食べてもかまわない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与野党、水産市場で安全性アピール

    2013.09.12 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    韓国与党セヌリ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)代表が11日、ソウル鷺梁津(ノリャンジン)水産市場を訪れた。タコを手に取りながら商人の話を聞いている。
    TOP