주요 기사 바로가기

野球-ソフトボール、五輪復活ならず…理由は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.09.10 13:07
0
野球とソフトボールが力を合わせたが、オリンピック(五輪)正式種目への復活はならなかった。

9日(韓国時間)にアルゼンチンで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会で、夏季五輪の追加種目にレスリングが選ばれ、野球-ソフトボールは落選した。

野球の落選は米メジャーリーグの“非協力”が最も大きな理由だ。メジャーリーグは五輪期間中にリーグを中断することはできないとし、高圧的な姿勢を見せた。さらに3時間以上の試合時間と野球場の建設費用、欧州で野球の人気が低いという点も正式種目復活の障害となった。

チャン・ユンホ大韓野球協会広報理事は「ソフトボールとの統合など男女平等の努力は良かったが、国際的な協調と野球の底辺拡大に失敗した。厳しい戦いになるとは思っていたが、本当に残念だ」と語った。

野球は1992年バルセロナ大会、ソフトボールは1996年アトランタ大会から五輪正式種目として行われ、08年北京大会を最後に五輪の舞台から消えた。

国際野球連盟(IBAF)と国際ソフトボール連盟(ISF)は野球とソフトボールが単一種目として正式種目に採択されるよう歩調を合わせたが、目標は達成できなかった。韓国は08年北京でオリンピック野球の最後の金メダルを獲得した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP