주요 기사 바로가기

訪朝のロッドマン氏、金正恩夫妻とバスケットの試合を観戦

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.09.08 10:54
0
3日に北朝鮮を訪問した米プロバスケット(NBA)スター出身のデニス・ロッドマン氏が金正恩(キム・ジョンウン)第1書記夫妻とバスケットボールの試合を観戦したと朝鮮中央通信が7日に報道した。だが、北朝鮮が抑留している韓国系米国人のケネス・ペ氏と関連した対話がされかについては言及しなかった。

金第1書記はロッドマン氏一行に会い、「良い季節に友人としてわが国を再び訪問したことを歓迎する。いつでも訪ねてきて休息もしながら楽しい毎日を過ごすように」と話したと朝鮮中央通信は伝えた。金第1書記はロッドマン氏一行とともに北朝鮮の4・25チームと鴨緑江(アムロッカン)チームによるバスケットボールの試合を観戦した後夕食をともにした。同通信は、「夕食会は終始和気あいあいとした雰囲気の中で進行された」と報道したが、いつどこで会ったのかについては具体的に明らかにしなかった。

ロッドマン氏は、「金第1書記が私に会ったことは米国人に対する善意の表示だ。今後も両国のスポーツ・文化交流に積極的に尽くしたい」と明らかにした。彼は金第1書記にバスケットボールなどをプレゼントとして渡した。

今回のロッドマン氏の訪朝はケネス・ペ氏の釈放に重要な転機になるとの見方が出ていたことで特に注目を集めていた。さらに先月30~31日に予定されたロバート・キング米国務省北朝鮮人権特使の訪朝が北朝鮮当局によってキャンセルされ、ロッドマン氏の行動に関心が集中した。ロッドマン氏も先月末にテレビに出演し、「北朝鮮に行けばケネス・ペ氏の釈放を要請するだろう」と明らかにしていた。

だが、7日に帰国の途についたロッドマン氏は経由地での北京空港に到着し記者らと会った席で、「金第1書記と平和とスポーツに関するあらゆることを話した」としながらも、「ケネス・ペ氏釈放問題はオバマ大統領に聞いてほしい」として具体的な回答を避けた。これと関連し北京の外交界では、ロッドマン氏が金第1書記にケネス・ペ氏の釈放を非公式に要請したが何の返事も得られなかった可能性が大きいという観測が提起されている。

一方、金第1書記とロッドマン氏のバスケット試合観戦には金第1書記の妻の李雪主(イ・ソルジュ)氏も参加したことが確認された。朝鮮中央通信は李雪主氏出席の事実を伝えていないが、朝鮮労働党機関紙の労働新聞が7日に報道した記事には金第1書記の右側に李雪主氏が座っている写真が掲載された。

ロッドマン氏は2月末にも米エキシビションバスケットチーム「ハーレム・グローブトロッターズ」とともに北朝鮮を訪問し、4日間にわたり滞在しながら金第1書記夫妻とバスケットボールの試合を観戦した。(中央SUNDAY第339号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP