주요 기사 바로가기

朴槿恵大統領がベトナム到着、セールス外交を開始

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.09.08 10:15
0
主要20カ国(G20)首脳会議出席のためのロシア訪問を終えた朴槿恵(パク・クネ)大統領は7日午後、ベトナムのハノイに到着し11日まで5日間の日程で国賓訪問を開始した。朴大統領はベトナムでチュオン・タン・サン国家主席と首脳会談をするのに続き、ベトナムの最高指導部と会い実質的経済協力増進策を話し合う予定だ。また、原子力発電所建設の受注支援にも積極的に取り組む。

この日午前、朴大統領が出発するロシア・サンクトペテルブルクの空港には、玄オ錫(ヒョン・オソク)副首相兼企画財政部長官と、魏聖洛(ウィ・ソンラク)駐ロシア韓国大使らが集まり見送った。

これに先立ち朴大統領は6日にロシアのプーチン大統領と40分間にわたり首脳会談を行った。朴大統領は、「韓国とロシアの潜在力から見ると、潜在力はまだ十分に活用されずにいるようだ。ロシアのユーラシア協力強化方針とプーチン大統領のアジア・太平洋地域重視政策がうまく結びつけば大きなシナジーを得られるだろう」との考えを示したと外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が伝えた。

朴大統領はまた、「新政権発足を契機に韓ロ両国間の経済協力と関連し進展させられる分野は積極的に進展させていく。北極航路開発過程での協力と極東開発と関連した政府レベルの金融協力、農業と軍事技術・造船分野の協力も重要な分野だ」と話した。それと合わせプーチン大統領に「韓国企業のロシア投資拡大のためロシアに進出した韓国企業の不満を解決してほしい」と要請した。

これに対しプーチン大統領は、「ロシアは韓国をアジアの優先的なパートナーと考えており、韓国との経済協力を強化していくだろう。韓国の対ロ経済協力、特に極東地域開発への参加を積極的に推奨し支援する。韓国企業の役割に大きく期待する」と前向きに答えた。また、韓国企業の不満解決と関連し、「問題を点検し積極的に協力したい」と明らかにした。

これと関連し尹長官は、「南北とロシアの3角協力に向け韓ロ両国は年内にプーチン大統領が訪韓するのを契機に、さらに具体的な協議をすることにした。プーチン大統領の訪韓日程を両国政府が協議中だ」と明らかにした。尹長官は、「来月ソウルで開かれるユーラシア協力カンファレンスにロシア側の出席を要請した状態だ」と説明した。

一方、朴大統領は7日午前にサンクトペテルブルクで最後の公式日程としてエルミタージュ博物館を訪問し、館長の案内で所蔵美術品とギャラリーを視察した。朴大統領はこの席で、「国同士の相互理解は相手国の文化に対する関心から始まる。文化・芸術分野に対する理解を基盤に両国間の交流と文化隆盛が加速化するよう望む」と強調した。(中央SUNDAY第339号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP