주요 기사 바로가기

<内乱陰謀事件>国家情報院、李石基議員を“速戦即決”強制拘引=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.05 11:33
0
4日午後7時20分ごろ、国会議員会館520号、統合進歩党・李石基(イ・ソッキ)議員室の前に、黒のスーツを着た国家情報院の職員約30人が現れた。李議員に対する拘引令状を持っていた。国会本会議で李議員に対する逮捕同意案が通過してから3時間後の奇襲的な措置だった。

午後4時25分に可決した李議員に対する逮捕同意書は、法務部-最高検察庁-水原地検を経て午後5時50分ごろ水原地裁に届いた。裁判所は午後6時30分、拘引令状を発行した。拘引令状は容疑者や証人が正当な理由なく召喚や同行命令に応じない場合、裁判所が事件関係者を一定の場所に連れて行き、尋問するために発行する。拘引状が発付されると、すぐに国家情報院は李議員室に職員を派遣した。国家情報院側は「李議員の逃走の恐れがあり、直ちに拘引に動いた」と説明した。

当時、李議員は議員会館の事務室で金先東(キム・ソンドン)議員、李相奎(イ・サンギュ)議員、金在ヨン(キム・ジェヨン)議員ら党関係者約20人と今後の対策を協議していた。国家情報院の職員は拘引令状を見せながら同行を求めた。

しかしこれほど早く国家情報院が強制拘引に出てくると思っていなかった李議員側は「令状実質審査に堂々と行くというのになぜ拘引するのか。弁護人が来るまでは拘引に応じられない」とし、激しく反発した。国家情報院側が強制拘引に乗り出すと、統合進歩党の関係者は暴言を繰り返した。統合進歩党の女性党役員は今回も「私の体に手を触れるな」と言って抵抗した。

国家情報院の職員は記者に向かって「これが民主主義といえますか」「これを撮影してください。正当な公務執行を妨害しています」と叫んだ。部屋にいた統合進歩党の金先東議員が廊下で出て「ここで統制に従わなければスパイです。静かにしてください」として雰囲気を落ち着かせようとしたが、状況は変わらなかった。国家情報院は警察に協力を要請し、議員会館の出入り口を閉鎖した。

騒ぎを議員室で見ていた李議員は結局、拘引に応じる意思を明らかにした。そして午後8時12分ごろ、弁護人とともに議員室の外に歩き出した。強制拘引を初めてから約50分後だった。李議員は記者に対し「真実は必ず勝つ」と短く述べた後、国家情報院が待機させていた車に乗った。統合進歩党の党員約100人は李議員が乗った車を囲みながら「国家情報院解体」などと叫んだ。このため30分間ほど護送が遅れたりもした。

これに先立ち国会は、5月に「RO(Revolution Organization)」組織員約130人と開いた秘密会合で通信・石油類関連施設など国家基幹施設破壊を謀議した容疑(内乱陰謀)を受けている李議員の逮捕同意案を表決に付し、出席議員289人のうち賛成258票、反対14票、棄権11票、無効6票で通過させた。表決前にセヌリ党・民主党・正義党がともに賛成の立場を整理したにもかかわらず、離脱票が一部出てきた。現役議員に対する逮捕同意案が国会で可決されたのは過去12回目となる。

セヌリ党の柳一鎬(ユ・イルホ)報道官は「今回の逮捕同意案を与野党が合意して通過させたという意味が大きい」と論評し、民主党の朴用鎮(パク・ヨンジン)報道官は「民主党は自由民主的な基本秩序を脅かすいかなる勢力も容認しないことを改めて確認する」と明らかにした。

強制拘引された李議員は水原南部警察署留置場で夜を過ごした。李議員に対する拘束令状実質審査は5日午前10時30分、水原地裁令状尋問室でオ・サンヨン令状担当部長判事の審理で行われる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <内乱陰謀事件>国家情報院、李石基議員を“速戦即決”強制拘引=韓国

    2013.09.05 11:33
    뉴스 메뉴 보기
    内乱陰謀容疑を受けている統合進歩党の李石基議員が4日午後8時26分、国家情報院の職員に強制拘引され、水原地裁に移送されている。この日、国家情報院の職員約30人は午後7時20分ごろ、国会議員会館の議員室に到着したが、統合進歩党の関係者に阻まれ、拘引令状執行に支障が生じた。双方のもみ合いは50分間ほど続いた。
    TOP