주요 기사 바로가기

中国資本の永住権商売で金は集まるが…引き裂かれる漢拏山(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.05 09:58
0
このところ漢拏山(ハンラサン)では重機の音が騒々しい。あちこちで山を掘削しリゾートを建設する音だ。ほとんどが中国資本が建設するリゾートだ。もちろん工事は済州道(チェジュド)が認めた。海外の資金を引き込んで観光施設を拡充し、済州道を世界的観光スポットに育てるというのが済州道の考えだ。中国資本が参加すれば中国人観光客がさらに多く来るだろうという計算もある。だが、場所が漢拏山の中腹のため乱開発議論が起きている。

先月30日午前、西帰浦市南元邑(ソグィポシ・ナムォンウプ)の済州百通キン源リゾートの工事現場。一方にはセメントの外壁まで完成したコンドミニアムの建物が入り、そのそばでは掘削機が地面を掘り返している。コンドミニアム周辺はすべて掘り返された状態だ。中国の不動産開発会社百通キン源が2016年の完工を目標に55万6586平方メートルの敷地にコンドミニアムとホテルなどを作る工事現場だ。位置は漢拏山ろくの海抜255~360メートル地域。工事によりかつての森が茂っていた姿は見られなくなった。この工事の環境影響評価書によると、リゾートを作るために1万9000本余りの木を切らなければならない。

同日午後、済州市涯月邑鳳城里(エウォルウプ・ポンソンリ)一帯。海抜435~520メートルの道路周辺に長さ300メートルのフェンスが立てられた。フェンスにはリゾートの鳥瞰図とともに「興侑開発」という企業名が中国式の簡体字で書かれている。ここには中国の不動産開発業者興侑開発が2016年までにコンドミニアムとホテルを含む89万7000平方メートル規模の「チャイナビヨンドヒル観光団地」を建設する計画だ。工事が始まると数万株の木が伐採されるほかない。

いま漢拏山では中国資本による開発が大々的に進められている。上の2カ所のほかもう1カ所ある。海抜235メートル地帯である西帰浦市土坪洞(トピョンドン)だ。中国の緑地グループが推進するヘルスケアタウン造成作業が進められている。病院も入るが153万9000平方メートルの半分以上をリゾートが占める。これら3カ所の工事で2016年まで山が削られて森が切られる面積は300万平方メートル。漢拏山の中でソウルの汝矣島(ヨイド)に相当する面積が開発されているのだ。
中国資本の永住権商売で金は集まるが…引き裂かれる漢拏山(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国資本の永住権商売で金は集まるが…引き裂かれる漢拏山(1)

    2013.09.05 09:58
    뉴스 메뉴 보기
    西帰浦市南元邑の百通キン源リゾート工事現場。海抜255~360メートルの漢拏山ろく55万6586平方メートルの敷地で進められている。中国の不動産開発会社百通キン源が投資した。2016年の完工時までに1万9000本余りの木が切られる予定だ。
    TOP