주요 기사 바로가기

東京、2020五輪“誘致指数”でトップ維持

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.04 11:47
0
2020年夏季オリンピック開催地選定が4日後に迫る中、日本の東京が最も先んじていることが明らかになった。

オリンピック誘致などの専門サイトであるゲームズビズドットコムは、2020年夏季オリンピック誘致を目指している3つの候補都市の誘致指数(Bidlndex)で、東京が最も先んじているとした。このサイトはオリンピック開催地の選定時ごとに候補都市の競争力を評価して公表してきた。

3日(韓国時間)にアップデートされた誘致指数では、東京は以前より0.17ポイント落とした62.14点をマークした。しかし2位のイスタンブール(トルコ)も0.51ポイント下落して61.45点にとどまった。3位のマドリード(スペイン)が2.27ポイント上昇して58.76点を記録したが、東京とは依然3.38点の差がある。

東京は1964年大会以来56年ぶりのオリンピック誘致を狙っている。一方、イスタンブールとマドリードは何度かの挑戦を経て初のオリンピック誘致に期待を寄せている。2020年夏季オリンピック開催地は、8日午前5時にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で行われる開催地選定投票によって決定される。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP