주요 기사 바로가기

李石基議員、北挑発時の報復範囲と在日米軍参加資料も要求

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.04 08:42
0
内乱陰謀などの容疑を受けている統合進歩党の李石基(イ・ソッキ)議員が、所属国会常任委員会の未来創造科学放送通信委員会とは関係がない軍事秘密資料などを国防部に要求してきたことが明らかになった。

中央日報が3日に入手した李議員の「非所管部処対象資料要求現況」によると、李議員は昨年6月から先月まで国防部など10部処に計84件の資料を要求した。このうち在韓米軍・軍施設・軍事計画など軍事問題に関する資料が46件(54.8%)にのぼった。李議員が要求した資料には、軍事機密に分類され、敵軍に知られてはならないものも含まれていた。

代表的なのが2級秘密の「韓米共同局地挑発対応計画」だ。李議員は北朝鮮の挑発レベルが高まった4月、国防部に対し▼計画の写本と内訳および北朝鮮の局地挑発時、挑発原点、挑発支援勢力、その指揮勢力まで報復する内容が含まれているかどうか(指揮勢力に関する具体的な範囲) ▼計画に基づき参加する在日米軍の範囲(在日米軍全体参加の可能性など)などを提出するよう求めた。韓米連合軍が北朝鮮の局地挑発にどう対応するのか、北朝鮮のどのラインまで打撃するのか尋ねたのだ。

また李議員は、米軍のB-52戦略爆撃機が韓半島上空を飛行して北朝鮮の強い反発を招いた3月、トクスリ演習とキー・リゾルブ演習に関する資料(キー・リゾルブ、トクスリ演習作戦計画の写本と範囲、韓国政府が米国側に原子力空母の参加を要請した内訳および米国側の答弁、空母不参加の理由など)も要求した。

さらに▼韓半島緊急事態での自衛隊の海路確保▼韓日米軍事協調▼米国政府と韓日軍事情報保護協定に関して協議した内容も入手しようとした。李議員が要求した日本自衛隊や在日米軍などの資料を確保すれば、有事の際、米軍がどのように韓半島に進入するか把握できる。

これに関し、金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官は3日、国会国防委に出席し、「敏感な資料や秘密が伴う内容には一切答えなかった」と明らかにした。また国防部は「別の統合進歩党議員から地雷防御車両の配置を含む約40件の資料提出要求があったが、公開が可能な資料だけ提出した」と説明した。地雷防御車両が集中配置された位置が把握されれば、前方部隊に埋設された地雷の位置が明らかになる。

李議員の要求目録には京畿道平沢に関する内容もあった。李議員に対する逮捕同意要求書によると、平沢は李議員が率いるRO(革命組織)が有事の際の国家基幹施設打撃のために事前の準備をしたところだ。李議員は企画財政部に対し、平沢駅・平沢港産業鉄道事業と平沢烏山空軍基地第2滑走路建設の予備妥当性調査の結果を要求したが、拒否された。

このほか▼米ボーイング社のアパッチガーディアン(AH-64E)など武器の導入▼在韓米軍の規模と米国基地移転施設事業設計変更現況および計画--なども要求の内訳に含まれていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP