주요 기사 바로가기

韓国国防部長官、米国にシリア強硬対応を要求

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.02 14:56
0
韓国政府の役人たちが北朝鮮をとり上げてシリアに対する強硬対応を米国側に促していたと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が先月31日付(米国時間)で報道した。

WSJは先月29日、アジアを歴訪中だったヘーゲル米国防長官がシリア事態に関して米議会指導部と画像対話をしながら韓国官僚がした話に言及したと伝えた。当時、韓国官僚がヘーゲル長官にシリア事態に対する決定を先送りする場合、北朝鮮は生化学武器で韓国を攻撃してもかまわないという誤った判断をしかねないと主張したということだ。これに対して米国防省の関係者は「ヘーゲル長官に早急な対応を促した韓国要人は金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官らだった」と明らかにした。

金長官は第2次拡大東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議の参加のため28日にブルネイを訪問した際に、ヘーゲル長官と韓米国防長官会談を行い戦時作戦統制権の転換再延期問題などを議論した。当時、金長官は随行記者との懇談会で「(シリア政府軍が)化学武器を使ったとすれば2500トンの化学武器を持つ北朝鮮が(自分たちも)使えるという誤った判断をしかねないので具体的な制裁が必要だということで意見を共にした」と話した。この言葉通りならば、韓国の国防部長官が米国の国防長官に北朝鮮を取り上げ論じながらシリアに対する強硬対応を“請負わせた”ことになる。

そのためなのかジョン・ケリー国務長官も先月30日の緊急声明で北朝鮮に言及した。ケリー長官は「今回の問題はシリアを越えたもの」としながら「ヒズボラや北朝鮮、すべてのテログループらに関することだ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP