주요 기사 바로가기

【寄稿】G20会議、「季布の一諾」思い返す時だ=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.27 13:00
0
また、G20は韓国に最も重要な経済外交の場だ。有力な多国間経済協議体のうち韓国が属している唯一の舞台であるためだ。また、ウォンは基軸通貨でもなく、韓国は小規模開放経済のため、グローバルイシューはそのまま韓国経済のイシューとなる。すべてのグローバルイシューが「対岸の火事」ではなく「足下の火」である状況で、G20を韓国の立場を反映し韓国の政策の国際的整合性を確認する場所として活用しなければならない。

韓国は開発途上国から先進国の入口まで跳躍し、G20首脳会議も開催した。先進国と新興国の架け橋または新興国の利害を代弁する長兄としての役割をしなければならない理由だ。G20会議にはまた各国首脳が参加している。彼らと友情を確かめる一方、2国間会談などを通じ投資誘致などセールス外交を積極的に展開できる機会だ。

中国の楚の季布は一度した約束は最後まで守ったという。そこで「季布の一諾は千金より重い」という格言がある。

G20は政策共助の約束を重く受け止め実践する「季布の一諾」の教訓を刻みつけなければならない。G20のリーダーシップの核心は信頼だ。韓国は今回の会議でG20加盟国に約束の重要性を想起させる一方、共生の公約数を見つけるのに積極的に参与するだろう。

玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相兼企画財政部長官


【寄稿】G20会議、「季布の一諾」思い返す時だ=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP